ブログ ボバン・マリアノヴィッチ ダンカン

Published on 12月 8th, 2015 | by Tunaパスタ

8

スパーズが球団新記録の51点差で76ersを撃破、オルドリッジとボバンはシーズンハイ

サンアントニオ・スパーズが現地7日、ウェルズ・ファーゴ・センターで行われたフィラデルフィア・76ersとの試合に119-68で圧勝。51点差での勝利は球団史上最多記録となる。

▼スパーズの最多得点差勝利

対戦相手 シーズン スコア
シクサーズ 2015-16 119-68(+51)
グリズリーズ 1995-96 111-62(+49)
ウォリアーズ 1984-85 139-94(+45)

この日はティム・ダンカン、マヌ・ジノビリ、カワイ・レナードの3選手が欠場したスパーズだが、まったく問題なし。

試合開始から4分で4点ビハインドに陥るも、そこから第1Qの終わりにかけて26-6のランで猛反撃して、さっそく16点のリードを奪取。第2Qには、ラマーカス・オルドリッジがFG6本中6本成功の12得点でオフェンスを牽引する一方で、シクサーズのクォーター得点を12点に抑える鉄壁のチームディフェンスを展開し、65-29の36点差で試合を折り返して早々と勝負を決めた。

Q1 Q2 Q3 Q4
SAS 33 32 31 23 119
PHI 17 12 23 16 68

スパーズは、オルドリッジが21分の出場でスパーズ移籍以降最多となる26得点をマーク。シクサーズの若手ビッグマンたちを相手に積極的にインサイドを攻めた他、16分で12得点を獲得したトニー・パーカーとのピック&ポップは無双状態だった。

また、第3Q中盤からチェックインしたボバン・マリアノビッチは、17分の出場でキャリアハイの18得点、2スティールを獲得。ディフェンダー2人にカウント・ワンスローのダンクを叩きこんだり、ショットクロックぎりぎりでエルボーからミドルレンジショットを沈めたりと、圧倒的なサイズを活かして大暴れした。

ボバンが最後のショットを沈めると、ウェルズ・ファーゴ・センターは大歓声に包まれた。

スパーズはオルドリッジとボバンの他にも、ジョナサン・シモンズ(14得点)、マット・ボナー(9得点)、ラシュアル・バトラー(7得点)がシーズンハイをマーク。ダンカン、レナード、マヌの主力3名がいない中、各選手が自信をブーストするための絶好の機会となった。チーム全体では、32アシストと今季ベストのFG成功率61.8%を記録している。

ただ、ダニー・グリーンはフィールドゴール3本中1本成功の3得点と、まだシューティングスランプから抜け出せていない。これをコンスタントに決めてくれるようになれば…。

これでスパーズは、今季成績を球団史上2番目のベストスタートとなる18勝4敗に更新(ベストは2010-11シーズンの開幕19勝3敗)。なお、グレッグ・ポポビッチHCによると、レナードがシクサーズ戦を欠場した理由は、「傷んだチーズステーキを食べて病気になったから」だという。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 36s

    ボバンでかすぎて笑えてきますね。
    怪我なくヨウメイ並に育ってくれることを期待してます。

    • ヤオ並みに育ってくれれば、スパーズはダンカン引退後もダイナスティ確定ですね笑

  • アン

    なぜマリヤノビッチの最後のシュートでアウェイがあんなに沸くんでしょうか笑
    あまりのサイズと片手でボールつかんだままのパスフェイクでオカフォーの視線を騙してからのロング2だったからでしょうかね。。
    アウェイの沸き方と、対してスパーズベンチの冷静さとのギャップに笑えました笑
    それにしてもシクサーズファンがかわいそう。。。

    • ボバンはなんか応援したくなるんですよね笑 生まれつきのキャラなのかもしれません。私の場合は、スパーズファンだからというのが大きいかもしれませんが、例えガベージタイムでもボバンが得点を決めたときはスクリーンの前で大はしゃぎしてしまいます…。
      ポップの無表情には笑いました笑

  • ぐりん

    チーズステーキって・・・wぽっぷw

    • ポップさんは選手を休ませる言い訳がどんどんクリエイティブになっていますね笑

  • かーめろたけそにー

    サイズ感が狂ってますね(・∀・)
    またもやスパーズお得意の掘り出し物ドラフトでしょうか笑

Back to Top ↑