ブログ スパーズ ウェスト1位

Published on 3月 15th, 2017 | by Tunaパスタ

1

スパーズがウェスト首位に浮上

サンアントニオ・スパーズが現地13日、AT&Tセンターで行われたアトランタ・ホークス戦に107-99で勝利し、今季成績を52勝14敗に更新。成績はゴールデンステイト・ウォリアーズと同じだが、スパーズはレギュラーシーズンシリーズを勝ち越してタイブレイカーを保持しているため、シーズン16試合を残した時点で暫定首位に浮上した。

この日の試合では、脳震盪で離脱していたカワイ・レナードが復帰し、ゲームハイの31得点を獲得。スパーズは球団シーズン最多となる23ターンオーバーを出してしまったが、アウトサイドショットとディフェンスでミスをカバーし、第1Qに奪取したリードを最後まで維持。チーム合計で34本中16本のスリーを沈めた。

▼スリー16本は今季チーム最多

スパーズはレナードの他に、トニー・パーカーの代わりに先発PGを務めたパティ・ミルズが15得点、9アシストで大活躍。ダニー・グリーンとデイビッド・リーがそれぞれ14得点をマークした。

▼レナードの第1Qブザービーター

敗れたホークスは、デニス・シュルーダーが22得点、10アシストのダブルダブルをマーク。第3Q中盤の15点ビハインドから第4Qには1点差まで追い上げる猛反撃を見せたが、スパーズのスリーで再び主導権を握られ、逆転はならなかった。

なおホークスは、1997年2月15日から20年以上スパーズの本拠地で勝利をあげていない。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • しょー

    レナードは相変わらずの活躍で一安心ですね!ミルズもいい活躍をしてるので、ずっとスタメンで出るようになったらどんな成績を残すのかなって思いますね。最後にブデンホルツァーと抱き合ってるマヌやミルズを見ると、絆は途絶えずに、敵ながらお互いをリスペクトしてるんだなって思えますね!

Back to Top ↑