ブログ コービー スパーズ

Published on 2月 8th, 2016 | by Tunaパスタ

6

コービーのサンアントニオ・フィナーレ、スパーズが僅差でレイカーズに勝利

コービー・ブライアントにとってAT&Tセンターでの最後の試合となった現地6日のロサンゼルス・レイカーズ対サンアントニオ・スパーズは、終盤の大接戦を制したスパーズが106-102で辛勝。今季ホーム無敗記録(28勝0敗)の維持に再び成功した。

この日のスパーズは、試合前の選手紹介の際にコービーへのトリビュートビデオを中央スクリーンで上映。00年代のプレーオフシリーズで何度もサンアントニオのホームコートを破壊した憎き宿敵を温かく迎えた。

ムービーが終わると会場からは盛大な拍手。名前をアナウンスされたコービーは、手をあげて敵地での声援に応えた。

試合は、ラマーカス・オルドリッジとパティ・ミルズの活躍で好スタートを切ったスパーズが、第2Q開始3分ではやくも13点リードを奪取。一方のレイカーズは、トニー・パーカーのフェイクによりロイ・ヒバートが足首捻挫で途中退場するなどトラブルに見舞われ、このままワンサイドゲームになるかと思われたが、第2Q中盤からゲームの流れが大きく変わる。

レイカーズは、第2Q中盤からジョーダン・クラークソンとジュリアス・ランドルの若手コンビの奮闘で反撃を展開。ハーフタイムで54-51の3点差に追い上げると、続く第3Qには、コービーが3連続スリー(そのうち1本はカウント・ワンスロー)を含む6本のFGを決めてクォーター16得点の大活躍をみせ、第3Q終了時点で2点リードを奪い試合をひっくり返した。

そこからはリードチェンジを繰り返し、大接戦のまま第4Q終盤に突入すると、今度はスパーズが正念場でステップアップする。

まずは1点リードで迎えた残り時間1分2秒に、見事なバックドアプレーからパーカーがアリウープのレイアップに成功。

続くディフェンスポゼッションでは、コービーにエアボールを打たせてレイカーズの得点を阻止。そしてタイムアウト明けのプレーで、オルドリッジがダニー・グリーンとのピック&ロールから残り31秒にカウント・ワンスローのフローターをねじ込み、勝負を決めた。

「素晴らしい試合だったよ。ファンたちも夢中だった。どこかレイカーズとスパーズが戦った昔のプレーオフのような雰囲気だったよ」
– トニー・パーカー

Q1 Q2 Q3 Q4
LAL 20 31 20 21 102
SAS 29 25 25 27 106

スパーズは、オルドリッジが18本中11本のフィールドゴールを沈め、ゲームハイの26得点、9リバウンドをマーク。最近は存在感がグンと増しており、5得点に抑えられた1月25日のウォリアーズ戦以降の6試合で、平均24.0得点、FG成功率61.6%を記録している。

他には、カワイ・レナードが12本のフリースロー成功で20得点、13リバウンドのダブルダブルを獲得。パーカーが14得点、ミルズが13得点、グリーンが11得点で、それぞれ二桁台に達した。

レイカーズは、ジョーダン・クラークソンが21得点、ジュリアス・ランドルが15得点/17リバウンドをマーク。サンアントニオでのラストゲームとなったコービーはチームハイの25得点を挙げた。

▼コービー最後のAT&Tセンター

この日の勝利でシーズン成績を43勝8敗としたスパーズは、来週から毎年恒例のロデオ・ロードトリップに突入。2月9日のヒート戦から27日のロケッツ戦まで、オールスターブレイクをはさんで今後8試合連続のアウェイ戦が待っている。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑