ブログ スパーズ ウルブズ 開幕戦

Published on 10月 20th, 2017 | by Tunaパスタ

6

スパーズ、エース不在のホーム開幕戦に勝利

サンアントニオ・スパーズが現地18日、MVP候補のカワイ・レナード不在で迎えた本拠地AT&Tセンターでのシーズン開幕戦で、ミネソタ・ティンバーウルブズに107-99で勝利した。

レナードに加え、先発PGのトニー・パーカーも離脱中と、不安要素たっぷりで開幕戦に臨んだこの日のスパーズは、ラマーカス・オルドリッジがプレシーズンの好調を維持し、25得点、10リバウンドのダブルダブルでチームを牽引。第1Qを32-25で上回って先手を取ると、その後もオルドリッジやダニー・グリーン、デジョンテ・マレーが積極的に攻めて、試合の大部分で主導権を握る。第4Qに入ると、ネマニャ・ビエリツァやジャマール・クロフォードらウルブズのセカンドユニットに押されて一時リードを奪われるも、1点ビハインドで迎えた残り時間5分からは、オルドリッジをセンターに置くスモールラインアップで再び勢いを取り戻し、16-7のランで試合をクローズしてシーズン初戦をものした。

▼アグレッシブなオルドリッジは強い

スパーズはオルドリッジの他、攻守で活躍したグリーンが17得点、2スティール、2ブロック、マレーが16得点、5リバウンドをマーク。グリーンは、ドリブルペネトレーションやステップバック・ジャンパー、速攻でのプルアップスリーなどオンボールでも積極的にオフェンスに参加し、オルドリッジと同じく、これまで以上に伸び伸びとプレイできていた印象だ。

40歳になったマヌ・ジノビリも9得点、4アシストで勝利に大貢献。クラッチタイムのスモールラインアップでは司令塔を務め、シーズン一発目からジノビリらしさを発揮した。

▼P&Rからオルドリッジへの見事なポケットパス

また、スパーズデビュー戦となった新加入のルディ・ゲイは、ベンチから24分の出場で14得点、5リバウンドを記録。ヘルプ守備のローテーションでミスするような場面はあったものの、アキレス腱断裂の影響はほとんど見られず、ファストブレイクでダンクを叩き込むなどアスレチックなプレイも決め、終盤のスモールラインアップでは立派に4番を務めた。特に印象的だったのは、残り時間3分の正念場で、スパーズの十八番である「ハンマー」セットのパスを完璧にエクスキュートしたところだ。

▼ダンカンもご満悦のハンマー

ゲイがさっそくスパーズオフェンスに順応できているようで嬉しい。このロスターにレナードが帰ってくるのが本当に楽しみだ。

なおこの日は、スパーズレジェンドのティム・ダンカンが家族と一緒に試合観戦に訪れ、幼い娘にシャツの袖を噛まれながらチームを応援していた。

ハーフタイムには、スパーズメンバー出演の新「H-E-B」コマーシャルが初お披露目。

次にスパーズは、現地21日にユナイテッドセンターでシカゴ・ブルズと対戦する。

Thumbnail via H-E-B

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • お茶

    今年もよろしくお願いします
    前半の膠着状態のときにジノビリが出場して会場が沸き、そこからのアシストとスリーで流れを変えてラッシュをかけたのは見ていて嬉しかったです
    ウルブズはこれから時間をかけてというところでしょうかね、メンバーだけならトップ4クラスでしょうし
    ウィギンスの左右にシェイクからのムーブは本当に早くてびっくりします

    • こちらこそよろしくお願いします。

      カワイ不在でどうなるかと思いましたが、インサイドを制しながらオルドリッジやグリーンがステップアップしてくれました。特にグリーンのバトラーに対するディフェンスは素晴らしかったです。マレーも一皮むけた感じでしょうか。ジャンプシューターにファウルしてしまうルーキーミステイクはまだありますが、あのウィングスパンは貴重ですね。

      ウルブズは絶好調だったウィギンスの出場時間が30分にとどまったのが少し謎です。ティーグも第4Qはベンチに下がったままでしたし。シボドーHCの采配はたまに意味不明です。

  • 36s

    マヌ健在が嬉し過ぎてテンション上がってます。ゲイかなり良いですね。ハンマー完璧過ぎて凄い。染まってます✨✨

    ウルブズ応援してるんですが、ちょっと酷い。特にDFの意識が足らなさ過ぎです。シボドーさん怒んないと。

    • ゲイの仕上がりが想像以上に良かったです。ハンマーは完璧でしたね。PFのポストアップからのハンマーセットはボリス・ディアウを思い出します。

      やはりウルブズの課題は守備とシューティングですね。まだ1試合なので何とも言えませんが、バトラーとギブソンが加わったのに昨季と何も変わっていない印象でした。特にタウンズは、守備さえまともにできればリーグTop10に文句なしで入れるタレントだと思うので頑張ってほしいです。
      タウンズがヘルプDでミスした際にバトラーが怒鳴りつけているような場面があったので、そういった刺激が積み重なって成長できればいいですね。

  • GEORGE

    ゲイは怪我の影響があるのではないか少し心配でしたが加入は正解でしたね。カワイが長期欠場しそう感じですが、これ感じなら問題なく乗り切れそうです。今回の試合少し安心しました。

    どのメディアもウルブスがプレイオフ圏外と予想していたので、なんでかと気にしてましたが、あのDFではやはり少し難しい気がしました。やはりタウンズがDFでも引っ張って欲しいですね。

  • しょー

    今年も楽しみにしてます!
    観ててTunaさんと感じることがほとんど同じで嬉しかったです。グリーンのハンドリングが少し増えたり積極的に攻めていること、オルドリッジがインサイドで躍動していること、ゲイが順応してきていることなど、観ていて楽しいゲームでしたね!Chi戦でもグリーンがラストショットを打っていたりしていたので、グリーンは遠慮しないでこれくらいの方がいい気がします。ゲイはこれまであまり観ていませんでしたが、IQが結構あって、順応力もありびっくりしました。オルドリッジもパワーがみなぎっているし、セレクションもよくなったと思います。今年のスパーズは楽しみですね!

Back to Top ↑