ブログ %e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%ba-%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%8910%e9%80%a3%e5%8b%9d

Published on 11月 28th, 2016 | by Tunaパスタ

2

スパーズ、史上5チーム目となる開幕ロード10連勝

昨季は歴代最高タイとなるホーム40勝1敗を記録したスパーズだが、今季はアウェイ戦が絶好調だ。現地26日には、ベライゾン・センターで行われたワシントン・ウィザーズ戦に112-100で快勝。23日のシャーロット・ホーネッツ戦から始まった4日間アウェイ3試合のタフスケジュールを全勝で乗り切り、今季ロード無敗の維持(10勝0敗)に成功した。

ESPNによると、過去にシーズン開幕からロード10連勝以上を達成したチームは4つ。その4チーム中、2015-16のゴールデンステイト・ウォリアーズ以外の3チームは、同じシーズンでNBAファイナルを制している(開幕ロード最長連勝記録は昨季ウォリアーズの14勝)。

26日の試合は、第2Qからスパーズが徐々にペースを握り始め、ハーフタイムで54-44の10点リードを獲得。後半に入ってからも、ウィザーズが巻き返しを図る度にきっちりと応戦しながら、大部分で二桁点差を維持した。

シーズン成績をウェスト2位タイの14勝3敗としたスパーズは、ラマーカス・オルドリッジが24得点、トニー・パーカーが20得点、カワイ・レナードが19得点を記録している。

▼ダニー・グリーンはダブルクラッチのスリーに成功

この日はマヌ・ジノビリが欠場していたが、ベンチからはジョナサン・シモンズが久々に大活躍。プットバック・ダンクやチェイスダウン・ブロックなどハイライトプレーを連発して、15得点/4アシストをマークした。他には、パティ・ミルズが13得点で勝利に貢献している。

▼シモンズは14試合ぶりの二桁得点

シーズン5勝10敗となったウィザーズは、ブラッドリー・ビールが25得点、ジョン・ウォールが21得点をそれぞれ記録した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • しょー

    やはり総合力で強いんでしょうけど、失点の多さが気になりますね…100点以下の試合が7試合しかないので。守備の連携を高めないと上位チーム相手にはきつそうですね。

    • パーカーとガソルがピック&ロールで狙われまくってますね。この2人がフロアにいる時間帯は、オフェンスはいい感じですが、やはり守備が脆くなってしまいます。ダンカンがいなくなった影響も大きいですね。レナードもオフェンスでの負担が増えたためか、ディフェンスが少し落ちている気も…。
      ただ開幕最初の1ヵ月はダニー・グリーンやドウェイン・デッドモンら守備要員の欠場が多かったので、今後は調子が上がっていくかなと期待しています。

Back to Top ↑