––>
ブログ ステフィン・カリー レイ・アレン

Published on 4月 15th, 2019 | by Tunaパスタ

0

カリーがレイ・アレン超え、プレイオフ3P成功数でNBA新記録

わずか91試合目にして歴代記録を樹立だ。

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが現地13日、本拠地オラクルアリーナで行われたロサンゼルス・クリッパーズとのファーストラウンド第1戦で12本中8本のスリーに成功。プレイオフのキャリア通算スリー成功数で386本に到達し、レイ・アレンを追い抜いてポストシーズン歴代1位の座に上り詰めた。

▼プレイオフ通算3Pランキング

プレイヤー 3P 試合数
1 ステフィン・カリー 386 91
2 レイ・アレン 385 171
3 レブロン・ジェイムス 370 239
4 マヌ・ジノビリ 324 218
5 レジー・ミラー 320 144

第1戦でのカリーは37分の出場で38得点、15得点、7アシストをマークしてチームを牽引。ウォリアーズはケビン・デュラントが第4Q終盤に退場処分となるが何も問題なく、121-104でクリッパーズに圧勝した。

なおこの日がキャリア初のプレイオフとなったデマーカス・カズンズは、21分の出場でFG12本中4本の9得点、9リバウンドに終わり、第4Qに6ファウルで退場している。

敗れたクリッパーズは、ルー・ウィリアムズが25得点/9アシスト、モントレズ・ハレルが26得点と、ベンチコンビが奮闘した。

ウォリアーズとクリッパーズのシリーズ第2戦は現地15日にオラクルアリーナで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑