ブログ スティーブン・アダムス

Published on 10月 16th, 2014 | by Tunaパスタ

0

サンダーの若きタフガイ スティーブン・アダムスがアツい

オクラホマシティ・サンダーの2年目センター、スティーブン・アダムスは、現地14日のメンフィス・グリズリーズ戦でゲームハイの22得点、6リバウンドを記録した。

今はまだ各チームともトライアル期間のプレシーズン。試合の勝敗やスタッツはそれほど重要視されないし、プレシーズンの成績がそのままレギュラーシーズンに反映されるものでもない。それはわかっているが、最近のアダムスの活躍はあまりにも目覚しいものがある。

アダムスは今季プレシーズン3試合で合計71分間フロアに立ち、56得点、18リバウンド、6ブロック、6スティールをマーク。フィールドゴール成功率は、何と28本中24本の85.7%だ!しかも1クォーターだけで14得点を獲得した試合が2度もある。

▼アダムス、10日マブス戦ハイライト

昨季のアダムスは、ケンドリック・パーキンスの控えセンターとして1試合平均で14.8分出場し、3.3得点、4.1リバウンドを記録。プレーオフでは出場時間が増え、ベンチローテーションのキープレーヤーの一人となった。恐らく今季はさらにプレータイムが増えるだろう。

▼まさに鉄壁のスクリーン

 

オールドスクールなフィジカルプレーヤー

アダムスの最大の魅力は、何といってもそのアグレッシブさとタフネスだ。ビンス・カーターから顔面に肘鉄を食らった時も、何事もなかったかのようにケロリとしたままプレーを続行した。

彼のフィジカルなプレースタイルが対戦相手の冷静さを奪うことも多々あり、昨シーズンだけで5人の選手が退場、罰金処分、もしくは出場停止処分を受ける直接の原因となっている。プレイオフ第1ラウンドでは、アダムスとマッチアップしたザック・ランドルフが我を忘れてしまい、痛恨のミスを犯した。

これによりランドルフは第7戦出場停止となり、グリズリーズはプレーオフから敗退した。

ランドルフは14日の試合前のインタビューで、アダムスがわざと相手を怒らせるようなプレーをしているのではないかとほのめかした。

「だって7人の選手が奴のせいで処分を食らっているんだ。調べた方がいいよ。なぜプレーヤーたちはこの特定の男と事を起こすんだ?」

「正直なところ、あれが奴の計画だったんじゃないかと思うよ。俺はそれに引っかかったんだ。もちろん俺の責任だよ。もうそんな年じゃないんだけどな…。集中力を乱されて、乗っちまったんだ。夏の間ずっとそのことに悩まされたよ」
– ザック・ランドルフ

だが当のアダムスは、まったくそんなつもりはなく、ただ自分に与えられた仕事をこなしているだけだと語る。

「俺はただハードにプレーしていただけ。(ランドルフが)出場停止処分になったのは残念だと思う。でも本当に、俺は試合に集中していただけなんだ」
– スティーブン・アダムス

ランドルフは、アダムスに対して遺恨は残っていないとしている。

※   ※   ※

デュラントの離脱により、不安を抱えながらシーズンをスタートすることとなったサンダーだが、アダムスの成長は非常に大きな好材料になるはず。今後の活躍に注目していきたい。

Thumbnail by Keith Allison/Flickr

参考記事:「The Oklahoman

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑