ブログ FIBA準々決勝 アメリカ対スロベニア

Published on 9月 10th, 2014 | by Tunaパスタ

0

アメリカがスロベニアに大差で勝利、準決勝に進出

FIBAワールドカップ準々決勝が現地9日に行われ、優勝候補のアメリカとスロベニアが対戦。後半に攻守両面でゲームを支配したアメリカが119対76の43点差で大勝利を収め、ベスト4進出を決めた。

試合は前半を終えた時点でアメリカが49対42の7点リード。序盤は思うようにフィールドゴールが決まらず、ジェイムス・ハーデンとステファン・カリーの2人は合計12本のシュートをすべて外し、ハーフタイムまで無得点だった。

しかし後半に入ってから、アメリカはエンジン全開で猛攻撃を開始。第3Qに37-22でスロベニアをアウトスコアすると、第4Q開始から10-0のランでさらに点差を大きく広げ、早々と勝利を確実にした。

Q1 Q2 Q3 Q4
スロベニア 22 20 22 12 76
USA 29 20 37 33 119

▼アメリカ対スロベニア、準々決勝ハイライト

チームUSAは、ベンチ出場のクレイ・トンプソンがゲームハイの20得点をマーク。前半無得点だったハーデンは、第3Qにフィールドゴールを積み重ね、最終的に14得点を挙げている。

また、フロントコート陣も安定の活躍を見せており、ケネス・ファリードが14得点/10リバウンド、アンソニー・デイビスが13得点/11リバウンドと、それぞれダブルダブルを記録した。

今大会でシュート成功数37本中8本と不調続きだったデリック・ローズは、18分の出場時間で12得点とゲームハイの5アシストを獲得。第1Qには、トランジションで4人のディフェンダーをかいくぐりながらレイアップを沈める好プレーをみせた。

▼デリック・ローズ、ハイライト

一方のスロベニアは、ゴラン・ドラギッチがチームハイの13得点と4アシストをマーク。中盤まで善戦を続けたが、アメリカの圧倒的なパワーに最後までくらいついていくことはできなかった。

スロベニアのシューティングガードでゴラン・ドラギッチの弟であるゾラン・ドラギッチは、今大会を通して1試合平均12.9得点(出場選手中22位)、4リバウンドを記録。この活躍を受け、現在ヒートやスパーズ、マブスなど複数のNBAチームがゾラン獲得に関心を示しているという。

アメリカは11日に決勝進出をかけてリトアニアと対戦する。

Image via fiba.com

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑