ブログ プレイヤーズ・オブ・ザ・ウィーク 第13週

Published on 1月 27th, 2015 | by Tunaパスタ

0

レブロン・ジェイムスとクレイ・トンプソンが第13週の「プレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク」

クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスとゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンが、2014-15シーズン第13週の週間最優秀選手(プレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク)に選出された。それぞれにとって今季3度目の受賞となる。

レブロンは1月19日~25日の4試合で27.8得点(イースト2位)、6.8アシスト(イースト5位タイ)、6.3リバウンド、2.25スティール(イースト6位)を平均。25日のオクラホマシティー・サンダー戦では34得点を獲得するなど大活躍をみせ、先週のキャブスを4勝0敗に導いた。

▼レブロン、サンダー戦ハイライト

8試合の欠場から復帰して以来、レブロンは平均30.3得点、6.3アシスト、6.9リバウンド、2.1スティール、FG成功率51.4%を記録。それに伴いチームの得点が爆発的に伸び、キャブスはレブロン不在中の1勝7敗から、過去7試合で6勝1敗と大幅に軌道修正することに成功した。当然ながら、ティモフェイ・モズゴフやJR.スミスの加入も大きい。

キャブスの現状についてレブロンは、「想像していたチームの姿。想像していたバスケットボールのスタイル」とコメント。サンダー戦の試合後には、「何よりもメンタル面が成長した」とチームの好転を喜んだ。

▼今季キャブス最初の38試合とレブロン復帰後の7試合

38試合
(10月28日~1月12日)
レブロン復帰後7試合
(1月13日~26日)
成績 19勝19敗 6勝1敗
得点 99.8 112.3
FG% 44.8% 48.5%
アシスト 22 20.4
リバウンド 41.2 47
失点 99.9 100.6
相手のFG% 47% 44.1%

同じく1月19日~25日の4試合で、クレイ・トンプソンは33得点(ウェスト2位)、2.25スティール(ウェスト8位)を記録し、ウォリアーズの週間成績4勝0敗に大貢献。スリーポイントを38本中21本の高確率で沈め、23日のサクラメント・キングス戦ではキャリアハイの52得点、さらに第3Qだけで37得点を獲得し、1クォーターのNBA歴代得点記録を大きく更新した。

▼トンプソンのキャリアパフォーマンス

この歴史的なパフォーマンスを受け、元レイカーズのマジック・ジョンソンは、「クレイ・トンプソンとレブロン・ジェイムスは現NBA最高のオールラウンドプレーヤー」と大絶賛。これに対してトンプソンは、「僕はベストプレーヤーになりたいわけじゃない。ベストチームの一員になろうとしている」と謙虚なコメントを残した。

Image via @NBA/Twitter

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑