ブログ クレイ・トンプソン 脳震盪

Published on 6月 3rd, 2015 | by Tunaパスタ

4

クレイ・トンプソンが脳震盪の規定をクリア、ファイナル出場に問題なし

ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地2日、ウェスタンカンファレンスファイナルで頭部を負傷したクレイ・トンプソンが、NBAの脳震盪ガイドラインの項目をすべてクリアしたと発表。現地4日から始まるNBAファイナルに第1戦から出場できることが決定した。

トンプソンが負傷したのは、現地27日に行われたWCF第5戦。第4Q開始間もなく、トレバー・アリーザの膝がトンプソンのこめかみ部分を直撃。トンプソンは試合を途中退場し、後日脳震盪と診断された。

トンプソンは4日間の休養の後、6月1日からチーム練習に参加。2日の練習後には、「調子が戻ってきた」と回復ぶりを語っている。

「正直、ここ数日はとても気分がいい。調子を取り戻せている気がする。明日は最終調整だ。今は、可能な限り緊張や不安、そして疑念を抑えようと努めているよ」

また報道によると、カンファレンスセミファイナルの第3戦でふくらはぎを負傷し、離脱していたマリース・スペイツも、1日から練習に復帰した模様。スティーブ・カーHCはスペイツについて、「出場する準備はできている」とコメントした。

「スペイツは2日連続でしっかりと練習できた。ファイナルのシリーズではプレーすることになるはずだ。問題は、どのようにしてローテーションやマッチアップを展開するか。フェスタス・エジーリは素晴らしいプレーをしているし、リーにも特にメンフィス戦で何度か活躍する場面があった。すべてのシリーズは異なり、同様にマッチアップも異なる。いろいろと組み合わせて、上手く機能するコンビネーションを見つけなければならない」

ともあれ、これでウォリアーズはほぼ万全な状態で40年ぶりのファイナルに臨むことができる。

トンプソンもミラー超えの可能性あり

現地23日に行われたウォリアーズ対ロケッツとのWCF第3戦で、ステファン・カリーが今季ポストシーズン59本目となるスリーポイントを成功させ、レジー・ミラーが2000年に樹立したプレーオフ3P記録(58本)を更新した(現在73本!)。実はトンプソンも、ミラーの記録を追い抜きそうな勢いにある。

すでに現時点でトンプソンは合計45本のスリーを記録。42.5%の成功率で、1試合平均3本を沈めてきた。もしこのペースを維持して、ファイナルが第5戦以上に及べば、めでたくミラー超えとなる可能性が高い。同じチームの選手が同じ年にプレーオフ歴代記録の1,2位を打ち立てるというのは、よく考えたらとんでもないことだ。

▼プレーオフ3P成功数歴代Top3
ソース

プレーヤー 3P 3P% 試合数
ステファン・カリー
(2015年)
73 43.7% 15
レジー・ミラー
(2000年)
58 39.5% 22
レイ・アレン
(2001年)
57 47.9% 18

▼クレイ・トンプソン、2014-15シーズンハイライト

Thumbnail via Golden State Warriors

ソース:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Mason P

    あぁ、トンプソンxトンプソンの対決が楽しみだ。直接のマッチアップはないかもしれないけどどっちのトンプソンにも活躍してほしい!

    • 誰がトンプソン(両方の)をガードすることになるのかとても楽しみです。

  • CAVS! GOGO!

    CAVSファンの自分にとっては、複雑だけど
    出場出来るのは良かった!
    こっちはラブ・バレジャオがいなくて
    カイリーも本調子ではないけれど
    レブロンが爆発してカリー達に
    finalの怖さを教えて欲しい^_^

    出来れば本調子で戦いたかったです。

    • 両チームとも万全な状態でのシリーズが見たかったですね。
      ウォリアーズがレブロンのアイソやポストアップに対してどんなディフェンスを仕掛けるのか見物です。ホークスみたいにがっつりヘルプを送るのか、それともとりあえずキックアウトスリーを封じ込めにくるのか…。
      まあウォリアーズはヘルプ&リカバリが最高に上手いチームなので、いい具合に組み合わせてくると思いますが。

      もうファイナルが待ちきれませんね!

Back to Top ↑