ブログ ダンカン 1000勝

Published on 4月 7th, 2016 | by Tunaパスタ

3

ティム・ダンカンが史上3人目のキャリア通算1000勝到達

現地5日にビビント・スマート・ホーム・アリーナで行われたサンアントニオ・スパーズ対ユタ・ジャズの一戦は、同点で迎えた第4Q残り4.7秒にカワイ・レナードが決勝点となるジャンプショットを沈め、スパーズが88-86でジャズに勝利。これによりティム・ダンカンが、レギュラーシーズンキャリア通算で1000勝目を獲得した。

1000勝に到達したプレーヤーは、元レイカーズのカリーム・アブドゥル・ジャバーと元セルティックスのロバート・パリッシュに続いて、ダンカンで史上3人目となる。

▼キャリア通算勝利数Top7
(レギュラーシーズン)

プレーヤー 勝利数 キャリア
カリーム・A・ジャバー 1074 20年
ロバート・パリッシュ 1014 21年
ティム・ダンカン 1000 19年
ジョン・ストックトン 953 19年
カール・マローン 952 19年
デレック・フィッシャー 853 18年
ダーク・ノビツキー 849 18年

試合後、ジャズ戦を欠場したボリス・ディアウも、自宅からダンカンに祝福のメッセージ:

「ユタには行っていないが、もちろん家で試合を見ていた!スリリングな結末の素晴らしい勝利だ。チーム、そして1000勝をあげたティムにおめでとう」
– ボリス・ディアウ

この日のスパーズは、4点差で迎えた第3Q残り5分から、マヌ・ジノビリ、パティ・ミルズ、カイル・アンダーソンを中心にしたセカンドユニットが14-4のランを展開し、第4Q開始までに14点リードを奪取。このまま圧勝の流れになるかと思いきや、そこからジャズに31-16でスパーズをアウトスコアする怒涛の猛反撃を仕掛けられ、残り時間1分で逆転を許してしまう。

勝負所で大量リードを掻き消されピンチに陥ったスパーズは、試合を通してやや不調気味だったトニー・パーカーが、第4Q残り37秒にショットクロックギリギリでルディ・ゴベール越しにステップバックスリーを沈め、すぐさま逆転に成功。その後、ゴードン・ヘイワードのジャンパーにより再び同点に戻されるも、残り時間6.7秒のインバウンズプレーからレナードが勝負を決めた。

Q1 Q2 Q3 Q4
SAS 25 17 25 21 88
UTA 20 17 16 33 86

今季成績を65勝12敗に更新したスパーズは、決勝点を決めたレナードがチームハイの18得点、8リバウンドをマーク。第4Q序盤には、見事なクロスオーバー・ドリブルでディフェンダーを抜き去りダンクを決めるファインプレーを披露した。

他には、ジノビリとラマーカス・オルドリッジがそれぞれ14得点を獲得。23分出場したアンダーソンは、正念場でスリーを決めるなど勝利に大貢献し、11得点、4アシスト、3リバウンドとオールラウンドな数字を記録している。

▼アンダーソン

勝率5割の39勝39敗となったジャズは、ロドニー・フッドがゲームハイの23得点を記録。第4Q序盤に3連続スリーを成功させたジョー・イングルズは13得点をマークした。

続いてスパーズは、現地7日にオラクルアリーナでウォリアーズと対戦する。なおウォリアーズは、5日に行われたホームゲームでウルブズに敗れ69勝9敗となったため、1995-96ブルズの歴代シーズン記録を更新するにはスパーズ2試合を含む残り4試合を全勝しなければならなくなった。次の試合で果たしてポポビッチHCは主力を温存してくるのか、注目が集まる。

Image by Geoff Livingston/Flickr

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ラスト

    次はウォーリアーズ戦ですね。
    前回はカリーが封じられてしまったのでウォーリアーズはどんな対策を講じてくるんですかね。

    • 楽しみですね!ただスパーズは前回の対戦でキープレーヤーの1人だったディアウが欠場するらしく、反対にウォリアーズはボガットとイグダーラが出てくるはずなので、同じようにはいかなさそうです。ウォリアーズは記録更新がかかっているので気合が入っているでしょうし…。とりあえず1月のようなワンサイドゲームにならなければいいですね。

      • ラスト

        ディアウ欠場しちゃうんですか!
        彼はウォーリアーズのスモールに対抗するためには大事な存在なので残念です……
        良いゲームになって欲しいですね!

Back to Top ↑