ブログ トニー・パーカー 復帰時期

Published on 9月 26th, 2017 | by Tunaパスタ

1

トニー・パーカー、11月中の戦線復帰を目標に

2017ウェスタンカンファレンス・セミファイナルで大腿四頭筋腱断裂の重傷を負い、年内の復帰は難しいだろうとされていたトニー・パーカーだが、もしかすると予想よりもかなり早期にスパーズのラインアップに戻ってくることになるかもしれない。

先日パーカーはフランスのスポーツ紙『レキップ』のインタビューで、リハビリの進捗状況についてコメント。負傷した左足の四頭筋はすでに完治しているらしく、医師からバスケットボール活動を再開するゴーサインも出ているという。

「いいニュースがある。四頭筋が完治したんだ。必死にリハビリに取り組み、それが報われた。予定よりもずっと早い回復だ」

「医師からのゴーサインももらった。ようやくコートに戻れるんだ!もちろんまずはシェイプアップする必要がある。あと2ヶ月ほど必要だと考えているよ。目標は11月末までの復帰。手術を受けた当初の発表では1月中盤だったが、それより2ヵ月も早い」
– トニー・パーカー

シーズンが終わった5月の時点で、「死に物狂いで努力して、これまで以上に強くなって復帰する」と強い意気込みを示していたパーカー。よほどハードなリハビリに取り組んできたらしく、今月初めにはチームメイトのダニー・グリーンが、「彼は狂ったようトレーニングしている」と語っていた。

30代半ばの大ベテランPGにとっては選手生命にもかかわるような大怪我だっただけに、これほど早く回復できたのはチームにとっても本当にグッドニュースだ。ただ本人が11月中の復帰を希望しているとはいえ、スパーズのメディカルスタッフやグレッグ・ポポビッチHCがどう判断するのかはわからない。

「11月末に復帰するとしても、まずポップを説得しなければならない。彼に任せきりだと、プレーオフまで試合に出してもらえないかもしれないからね」

とりあえずパーカーが戻ってくるまでは、2年目のデジョンテ・マレーが先発PGを務めることになりそうだ。

参考記事:「Spurs Zone

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • gen

    ジョークを言ったり口も滑らかで、調子が良さそうでなによりです(笑)
     そのまま引退もありえたかもしれないだけに、ファンとしても安心しました……。
     個人的には、ファイナルの7戦目まででも待つので、是非とも元気な姿を見せてほしいです。

Back to Top ↑