ブログ カーメロ・アンソニー オリンピック

Published on 8月 11th, 2016 | by Tunaパスタ

4

アメリカがオーストラリアに10点差勝利、カーメロはオリンピック通算得点で米歴代首位に

現地10日に行われたリオ五輪男子バスケットボールのアメリカ代表対オーストラリア代表の一戦は、後半を49-34でアウトスコアしたアメリカが98-88で逆転勝利。グループA予選の成績を3勝0敗とし、国際試合での連勝記録を71に伸ばした。

両者ともグループリーグ無敗で迎えたこの日の試合は、オーストラリアがNBAオールスター軍団相手に大善戦し、前半終了時点で5点のリードを奪取。ESPNによると、チームUSAがハーフタイムでトレイルするのは、2004年のアテネ大会以来初だという。

後半に入ると、アメリカが開始から9-0のランを仕掛けて間もなく逆転に成功すると、第3Q終了時で3点リードを獲得。オーストラリアは最後まで一桁点差で食い下がるも、アメリカはカーメロ・アンソニーとカイリー・アービングが第4Qのチーム得点28点中26点をあげて試合をテイクオーバーし、スターパワーで逃げ切った。

Q1 Q2 Q3 Q4
AUS 29 25 13 21 88
USA 29 20 21 28 98

アメリカは、アンソニーが15本中9本のスリーを成功させ、ゲームハイの31得点をマーク。アービングが19得点、ケビン・デュラントが14得点でそれに続いた。

メロが米新記録樹立

この日のオーストラリア戦で、アンソニーはオリンピックでのキャリア通算得点が293点に到達(4大会)。レブロン・ジェイムスの記録(273点)を追い抜き、チームUSAの歴代最多得点記録保持者となった。

▼チームUSAの五輪通算得点ランキング

プレーヤー 得点
1 カーメロ・アンソニー 293
2 レブロン・ジェイムス 273
3 デビッド・ロビンソン 270
4 マイケル・ジョーダン 256

敗れたオーストラリアは、パティ・ミルズがチーム最多の30得点をあげた他、マシュー・デラベドバが11得点/11アシストのダブルダブル、アンドリュー・ボーガットが15得点/3ブロックとそれぞれ奮闘。オリンピックでのメダル獲得経験がないオーストラリア代表だが、今大会ではアメリカと互角に戦い、さらに強豪チームのフランスとセルビアを下している。このまま初のメダルに手が届きそうな勢いだ。

また今年は代表チームに参加していないが、オーストラリアには、2016年ドラフト1位指名のベン・シモンズや2014年ドラフト5位指名のダンテ・エグザムをはじめ、将来有望な若手選手たちがいる。4年後の東京五輪ではさらに力をつけ、アメリカの覇権を脅かす存在になっているかもしれない。

Image by Alexandra Walt

ボックススコア:「FIBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ぶう

    今年のオーストラリアは強いですね〜
    このメンツだとパスがよく回ります笑

    オーストラリア代表は将来性もありますし、今回含めこれから五輪バスケを盛り上げてくれそうで楽しみです!

    ところで、たしかアービングも元はオーストラリア出身の選手ですよね。国籍などの詳しいことはわかりませんが、もしアービングがオーストラリア代表でプレイしていたらより面白いことに…なんて考えてしまいます笑

    • オーストラリアすごくいいですね。USAが個人技ばかりだったのに対して、オーストラリアはチームバスケができていたと思います。

      そういえばアービングもオーストラリア生まれでした。今でも二重国籍なのかな?もしAUS代表で出場していたら、もっと面白くなりそうですね。

  • お茶

    フルメンバーのオーストラリアがみたかったですね、アメリカが圧倒的なだけに
    イクサムシモンズソンメイカーがNBAで経験を積み今の代表にうまく融合したら面白くなりそう
    東京で是非みたい!

    • オーストラリアとカナダは数年後がすごく楽しみです。シモンズは4年後にNBAトップ10に入るような選手になっている可能性もありますし、カナダもウィギンスやTT、コリー・ジョセフがいますからね。
      そろそろアメリカの脅威になるチームが出てきてほしいです。

Back to Top ↑