ブログ U-16アメリカ代表

Published on 6月 7th, 2013 | by Tunaパスタ

0

バスケU-16アメリカ代表チームの身体能力すごすぎ…

派手なダンクができるからってそれがどうした…。バスケは身体能力がすべてじゃない!

わかってはいるが、米国中高生の身体能力の高さをあらためて見ると、「結局勝ち目はないんですね」と思わされてしまう。

以下の動画は、U-16アメリカ代表チームの練習後の風景。10年後のNBAを担うスターの卵たちだ。360やレッグ・スルーなど、次から次へと大技ダンクを披露している。全員が16歳以下とはとても思えない。

動画の1:22秒で登場するセブンス・ウッズに限っては、まだたったの14歳だ。中学生がツーハンド・ウィンドミル・ダンクをやっちゃだめでしょ…。

この化け物チームは、6月11日から南米ウルグアイで行われる「2013FIBAアメリカ大陸 U-16大会」に出場する。

でも、バスケは身体能力がすべてじゃない…。

Video;「USA Basketball

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑