ブログ %e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%89-%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89

Published on 10月 4th, 2016 | by Tunaパスタ

3

ウェイドとロンドがホームゲームでブルズデビュー

今オフシーズンで主力陣に大幅な変更を加えた新生シカゴ・ブルズが現地10月3日、ホームのユナイテッド・センターにミルウォーキー・バックスを迎え、2016プレシーズン開幕戦を行った。

FAで加入したドウェイン・ウェイドとラジョン・ロンドにとって、ブルズデビュー戦となったこの日の試合。プレシーズンゲームということもあり、出場時間は制限されたが、さっそく第1Q序盤に、ロンドがフェイダウェイのジャンプショット、続いてウェイドがドリブルからのプルアップ・スリーで移籍後最初のフィールドゴールをスコアした。

それぞれ決して得意ではないショットからの初得点だったこともあり、2人のブルズデビューがよりフレッシュに感じる。特にウェイドは、昨季レギュラーシーズン74試合でスリーを合計7本しか決めていない。

試合は、前半で13点リードを奪ったバックスが、第4Q終盤のブルズの猛反撃を振り切り、93-91で勝利。ジャバリ・パーカーが13得点/9リバウンド、ヤニス・アデトクンボが12得点と、先発の若手2人が二桁得点を獲得した他、ベンチからはグレッグ・モンローがゲームハイの15得点、マイケル・カーター・ウィリアムズが10得点、11リバウンドのダブルダブルを記録。チームに移籍したばかりのマシュー・デラベドバとマイケル・ビーズリーは、それぞれ11得点でアウェイ白星に貢献している。

▼デリーのバックスデビュー

対するブルズは、ジミー・バトラーとダグ・マクダーモットがチーム最多の13得点、タージ・ギブソンが11得点/12リバウンドのダブルダブルをマーク。新加入の面子からは、ロビン・ロペスが8得点、ウェイドが6得点、ロンドが2得点、6リバウンド、7アシストをあげている。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • お茶

    ウェイドとロンドというスリーが得意でないガードがコンビを組む以上、セットからのオフェンス時には相手も思いきってローテーションできそうですし、工夫が必要かもしれないですね
    逆に速攻ではロンド、ウェイド、バトラーというのは強力になりそうです
    近年ブルズの強力なディフェンスを取り戻せば、前評判を覆せるかも?

  • 隠れ読者

    二人ともしょっぱなから得意じゃないシュートを打って、今までとは違うぞ!とアピールしたかったんでしょうかね?何はともあれブルズ期待してます(^o^)

  • 一番搾り

    いつも愉しく読ませて頂いています。
    今期のブルズは、大注目しているチームの1つなんですが、ブログ読んで笑ってしまいました。
    ウェイドのあの位置での3Pは良く(入る入らないは別で)見かけましたが、ロンドのジャンパーは、悪いときのロンドそのもの(^^;ドライブやペネトレイトして、リング付近まで行って、ボールの出し先が無く入りもしないジャンパーを打つ……、CP3と比べてしまうので、本当にブルズファンとしては息苦しくなります( ̄□ ̄;)
    マグダーモットやミロティッチなど、外を狙える器用な若手との併用がないと厳しいですよね。
    去年のキングスでのロンドの復調はカズンズの存在感の恩恵と思われますし……。
    何か、一昨年のマブスの時に、戻りそうですね(笑)

Back to Top ↑