ブログ チームUSA キャプテン

Published on 8月 24th, 2019 | by Tunaパスタ

0

ウォーカー、ミッチェル、スマートの3選手がチームUSAのキャプテン就任か

2019FIBAワールドカップのチームUSAは、ガード陣が主将の役割を務めることになる。

現地メディアの報道によると、ボストン・セルティックスのケンバ・ウォーカーとマーカス・スマート、ユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルの3選手がアメリカ代表のキャプテンに就任する模様。現地22日にメルボルンで行われたオーストラリア代表との親善試合の前日、ウォーカーはAP通信の取材で「リーダーとして皆に頼られることに誇りを持っている。僕の役割はチームのテンポを作り出し、経験とエネルギーをチームにもたらすことだ」と絶対王者を率いる大役への意気込みを語った。

2019年のUSAバスケットボールはスーパースターの辞退が相次ぎ、ロスターでオールスター出場経験があるのはウォーカー、クリス・ミドルトン、ブルック・ロペスの3人のみ(計5回)。

また代表キャンプのミニゲームで格下のセレクトチーム(主にGリーグ選手のロスター)に敗れるなど、タイトル防衛に向けて不安要素だらけだったが、他国代表との親善試合では、スペインとオーストラリアを立て続けに撃破した。

▼スペイン戦ハイライト

▼オーストラリア戦ハイライト

これまでのような圧倒的存在感はないものの、ロスターのバランスはすごく良いと思う。ウォーカーとミッチェルのバックコートに、マイルズ・ターナーをセンターに置く5アウト(全員が外から打てる)のラインアップは、FIBAのゾーンディフェンスを切り崩すのに適した布陣だ。

▼ポポビッチHCもハッスル

ここからチームUSAは、24日にオーストラリア、26日にカナダとの親善試合を行い、ワールドカップ本戦に臨む。

参考記事:「ESPN

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑