ブログ カリー 新記録

Published on 2月 28th, 2016 | by Tunaパスタ

14

ウォリアーズがOTでサンダーを破り今季53勝目、カリーはシーズン3P新記録を樹立

オーバータイムに及ぶ大接戦となった現地27日のゴールデンステイト・ウォリアーズ対オクラホマシティー・サンダー戦は、ステファン・カリーが同点で迎えたOT残り0.6秒に決勝点となるロングスリーを沈め、ウォリアーズが121-118で勝利。これでウォリアーズ(53勝5敗)はウェスト8位のロケッツとのゲーム差を24.5ゲームとし、NBA史上最速でプレーオフ進出を確定させたチームとなった。

▼カリーの決勝スリー

第1Qを30-20で制したサンダーが大部分で主導権を握る展開となったこの日の試合。ウォリアーズは、カリーが中盤で足首を捻挫して一時ロッカールームに引き下がるなどトラブルに見舞われ、第4Q残り4分50秒で11点ビハインドに陥ったが、そこからスプラッシュブラザーズの連続得点で14-4のランを仕掛け、残り時間30秒で1点差に迫る猛反撃をみせる。

対するサンダーはケビン・デュラントのスリーにより残り14秒で再び2ゴール差とするも、その直後にクレイ・トンプソンがレイアップに成功。さらにウォリアーズは、続くポゼッションでデュラントのバッドパスからボールをスティールすると、ラストショットを託されたアンドレ・イグダーラがシューティングファウルを獲得してフリースローを2本とも沈め、試合を延長戦に持ち込んだ。

▼第4Qのラストプレー

OTに入ると、サンダーはウェストブルックの3点プレーとイバカのダンクで5連続得点を獲得。そのまま一気に勢いに乗るかと思われたが、残り時間4分13秒にデュラントが6ファウルで退場してしまう。

それでも最後まで粘り続け、残り30秒で3点差を奪ったサンダーだったが、ウォリアーズはトンプソンのレイアップ&カウント・ワンスローで同点に追いつくと、続くポゼッションで自陣ゴールを死守。そして最後にカリーが約10mの距離からミラクルショットを成功させ、劇的な逆転勝利を手にした。

Q1 Q2 Q3 Q4 OT
GSW 20 26 32 25 18 121
OKC 30 27 26 20 15 118

▼カリー、46得点

ウォリアーズは、カリーが自己最多となる12本のスリーを成功させ46得点、6アシストをマーク。ウォリアーズの選手としては1967年のリック・バリー以来初となる3試合連続での40点超えを達成した(42点、51点、46点)。さらに2試合連続で10本以上のスリーを決めたのは、カリーがNBA史上初となる。

他には、トンプソンが32得点、イグダーラが12得点を記録。ドレイモンド・グリーンはFG成功0本の2得点に終わったものの、14アシスト、14リバウンド、6スティール、4ブロックとオールラウンドな活躍で勝利に貢献した。

敗れたサンダーは、デュラントがチームハイの37得点、12リバウンド、ラッセル・ウェストブルックが26得点、13アシスト、サージ・イバカが15得点、20リバウンドをそれぞれ獲得。リバウンド数で62-32とウォリアーズを圧倒したが、惜しくも勝利に繋げることはできなかった。

▼KD37得点

カリーの新記録

カリーは27日の試合で今季通算288本目のスリーに成功。24試合を残した時点で、昨季に自らが樹立したシーズン3ポイント成功数記録を更新してしまった。また1試合でのスリー成功12本は、コービー・ブライアント、ドニエル・マーシャルと並ぶ歴代最多タイ記録となる。

▼歴代シーズン3P記録

成功数 シーズン
ステファン・カリー 288 2015-16
ステファン・カリー 286 2014-15
ステファン・カリー 272 2012-13
レイ・アレン 269 2005-06
デニス・スコット 267 1995-96

▼1試合のスリー成功数最多記録保持者

3P/3PA
ステファン・カリー 2016年 12本/16本
コービー・ブライアント 2003年 12本/18本
ドニエル・マーシャル 2005年 12本/19本
カリーの決勝スリーに対するNBA選手たちの反応

試合後、多くのNBAスターたちがカリーのパフォーマンスを称えるツイートを発信:

・レブロン・ジェイムス

「バスケットボールの歴史で彼のような選手を見たことがない!」

・ルディ・ゲイ

「ステフ・カリーは史上最高のシューターだ」

・デマー・デローザン

「奴は人間じゃない」

・マイヤーズ・レナード

「ステフがオラクルアリーナからあのショットを打っていたとしても、どうせ決めていただろう」

・クリスタプス・ポルジンギス

「これは現実か?」

・ドウェイン・ウェイド

「カリーは人間じゃない!!」

・フランク・カミンスキー

「ステフはチートコードだな、まったく」

・ゴラン・ドラギッチ

「信じられない。ステファン・カリーは人間じゃないよ!」

・ダーク・ノビツキー

「2試合連続でスリー10本?!?ビデオゲームだな…」

・マリース・スペイツ

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • とりまる

    恐ろしいほどの活躍ぶりですね…もうMVPを議論するのも馬鹿らしいです。

    • 個人のパフォーマンスでこれほどインパクトがあるのは10年前のコービーくらいでしょうか。今季のカリーはここから残りシーズン全休になっても、MVPに選出されておかしくないレベルだと思います。

  • ケンタブー

    サンダーが正面衝突、実力で打ち破ると思いきや、ラストのクラッチショット…
    本当ににゲーム感覚でロングスリーを決めますね。
    カリーが打った直後のサンダーのベンチの反応が悲痛でした。

    ラストはファウルで止めても良いのかな、とも思ったのですが、試合展開的にはいただけない状況だったのか…?

    • 最後のスリーは常識的に考えて最悪のショットセレクションですが、「これは入るな」と打った瞬間に思わされてしまうのがカリーの恐ろしいところですね笑 サンダーのベンチもまるでそれをわかっているかのようでした。

      OTラストポゼッションでのサンダーはすでにチームファウル3つで次からペナルティだったので、ファウルはオプション外でした。

  • gophxsuns

    展開はサンダーに勝たせてあげたかった…。勝利に値するパフォーマンスでした。
    カリーは本当にコービーに匹敵するクラッチシューターですね。最後のショットには思わず口をあんぐり開けてしまいました笑

    • 本当に紙一重でしたね。もしサンダーがレギュレーションの最後にタイムアウトを取っていたなら勝っていたはずです。

      カリーの最後のショットは反則ですよ笑 あの距離から得点を警戒しなければならないとか、ディフェンダーにとってまさに悪夢です。

  • SW

    恐ろしいのは、カリーにとっては、非日常の出来事ではないといことですね。
    練習で何度も決めてるが故の結果ですわ。他の選手から、「別の次元に住んでいる」って言われるのも納得です(*^^*)
    次の試合で3Pを10本決めても、「カリーだからね」って思いそう(笑)

    • >カリーにとっては、非日常の出来事ではない

      まったくその通りですね。ラストショットもそうですが、第4Q残り1分35秒でのプルアップスリーとかチートすぎて笑いがこみ上げてきます。

  • MJ32

    カリーの凄さはもう今更語れる事もないのですが、4Qのラストプレイ、デュラントにファウルゲームを持ち込むのではなく、ダブルチームでプレッシャーをかけるだけにした選択が他のチームには真似出来ないと思うのは僕だけでしょうか。

    • SW

      確かに。他のチームならファウルゲームに持ち込みますね。KDもファウルに来ないので、予想外で焦ったのでは。チームとしてのウォリアーズ恐ろしや。

    • レギュレーション最後のあの状況でファウルせずに、迅速にダブルチームでトラップを仕掛けられたのは、指導が行き届いている証拠ですね。それからルーズボールを救ったドレイモンドのハッスルも素晴らしかったです。ウォリアーズはプレーヤーのIQが高いだけでなく、メンタルも強いですね。

  • ふくさん

    このゲームは凄すぎてもう何もいえないレベルですね・・・・
    イグダーラは最後のFTをけめる当たりが憎い奴だなーと感じましたわら
    まあ結果論ですが、OKCは最後のタイムアウトを取っていれば・・・

    • たいたい

      イグダーラさんがシクサーズにいた頃は勝負どころのレイアップとかフリースローとか結構外してたんですけど、ここに移籍してからはそれまでのイケイケな感じとはうってかわってベテランぽくしたたかになりましたよね。

    • レギュラーシーズンの試合としては、ヒートの27連勝記録が終わった2013年のCHI対MIA戦に匹敵するほどのスリル満点の好勝負でした。イグダーラは絶対にフリースローを外すだろうと思っていましたが、さすが昨季ファイナルMVPです。

      確かにOKCは勝利までタイムアウト1つでしたね。HCの判断ミスというのもあるかもですが、ウェストブルックがインバウンドを焦りすぎてしまったかなとも思います。ウェストブルックは現時点でリーグTop5に入る選手だと思いますが、正念場で無茶苦茶なプレーをしてしまうことが度々あるので、もう一皮むけられるとすればそのあたりの改善でしょうか…。

Back to Top ↑