ブログ ウォリアーズ スパーズ 第2戦

Published on 5月 18th, 2017 | by Tunaパスタ

6

【GSW-SAS第2戦】ウォリアーズが39アシストでスパーズを破壊

現地16日にオラクルアリーナで行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対サンアントニオ・スパーズのウェスタンカンファレンス・ファイナル第2戦は、ウォリアーズが終始試合を支配して136-100で快勝。ホームで連勝をあげ、シリーズを2-0とした。

カワイ・レナードが足首負傷で欠場したこの日の試合は、第1戦と真逆の展開でスタートし、ウォリアーズが序盤から攻守でスパーズを圧倒。スパーズのペイントエリア得点を最小限に制限しながら、チーム合計で39アシスト、スリー37本中18本成功とオフェンスが大爆発し、前半を72-44で上回ると、後半は20点差以上のリードをキープしたまま、ホームで手負いのスパーズを一蹴した。

▼前半の23アシストは球団PO新記録

ウォリアーズは、ステフィン・カリーが30分の出場で29得点、7アシスト、3スティールの大活躍。ルーキーのパトリック・マコーが18得点、ケビン・デュラントが16得点をあげた他、アクティブロスターに登録されていた全13選手が少なくとも1本のフィールドゴールを成功させ、カリーやデュラントを含む合計7選手が二桁得点を記録している。

グレッグ・ポポビッチHC指揮下のプレーオフゲームで最大失点(136点)での惨敗を喫したスパーズは、レナードの代わりにスタメン出場したジョナサン・シモンズが孤軍奮闘し、22得点、3アシストを記録。他に二桁得点に達したのはダービス・ベルタンズ(13得点)のみで、ラマーカス・オルドリッジはFG11本中4本成功の8得点とインパクトを残せず、マヌ・ジノビリとデイビッド・リーはわずか5分しか出場していない。パティ・ミルズやダニー・グリーンも後半は出場時間が7分以下で、早々と勝利を諦める形となった。

▼シモンズ

ポポビッチHCは試合後、「自分たちを信じなければならないのに、信じていなかった。チームとして自らを信じられなかったのだろう」と選手たちのパフォーマンスに苦言。「ジョン(シモンズ)だけがプレイする気構えで来ていた」としながら、特にオルドリッジについては、「彼にはチームのために点を取ってもらわなければならない。臆病になられては困る」と厳しい言葉を残した。

第3戦は、現地20日にAT&Tセンターで行われる。スパーズとしては、3日間の休みでレナードの状態が100%に近づいてくれることを祈るしかない。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • SW

    まさに破壊でしたね。カワイなしのスパーズの現実です。オルド&グリーンの能無し感が最高でした(^_−)−☆

  • YusukeIndia

    こんな試合になるとは…
    レナードが抜けた穴が大きかったとは言え、ちょっとスパーズに覇気が無さすぎましたね。
    ポポさんが怒るのも無理はないです。

    とは言え、カリーに1Qからあのパフォーマンスをされたら、相手チームはヤル気を失ってしまうのも事実でしょうね。昨日のカリーは去年のレギュラーシーズンで何度も見られた無茶苦茶なカリーの日でしたね。
    トップからパスを受けての振り向きざま3p、体制崩しながらのバスカン3p、即効からのロング3p… 全部バスケのセオリー無視の無茶苦茶プレイです。 プレーオフに入ってからカリーはずっと好調ですが、昨日が一番無茶苦茶でした。
    そして相変わらずの鉄壁ディフェンスに全員バスケ。おまけにルーキーの大活躍とトンプソン復調の兆し。ハッキリ言いますがウォリアーズ強過ぎ…

    けどこれはカンファレンス決勝です。
    レナードにも復活してもらって、痺れるゲームを期待したいです!

  • masayan

    パーカーとレナードがいないとスパーズはこんなにオフェンスが機能しないのか、、、という感じですねあとウォリアーズのオフェンスはレナードいないことを考えてもシュートが入りすぎですねwあとBSの解説者がマギーはお笑いプレーが得意だったのに、、、みたいなこと言っていて吹きましたw

  • 星人歌スキ

    初コメント失礼
    ます、
    雰囲気良いですねGWは!GW推しなので嬉しいです。
    カリーが絶好調なのと、マコーの奮起も良かったです。

    スパーズはドライブで切り込む選手がなかなか居ないですね。どの選手も崩せずパスを回し、リズムのないミドルジャンパーを打たされてる印象です。

    多分3戦はポップに怒られたオルドリッジとグリーン等が奮起して、競り合うと思いますが、クラッチなレナードが居なければ後半にGWに持ってかれるのでは?と思います。

    GW、クレイがもう少し存在感をだしてくれないとキャブス相手には手こずると思います。この2戦はロールプレーヤーの様な雰囲気だったし、カットインからのパスなども今はリズムを失ってる感じです。
    ザザやイグドラもきちんと揃えば、リングを奪い返せると思います!

  • nino

    思い切ってBertansをローテーション入りさせるとかは考えられないでしょうか

  • UZA

    GSWファンは今回のSASイジメで楽しんでおかないと。
    どーせまた今年もCLE相手に奴隷が調子こいて暴れて出場停止になって、イグダラも使い過ぎて出場できなくて、カリーがレブロンにシュートもパスも潰されて、クレイはスランプのまま、デュラント一本槍でハイ終了。

Back to Top ↑