ブログ ウォリアーズ 70勝

Published on 4月 9th, 2016 | by Tunaパスタ

4

ウォリアーズがホームで再びスパーズを破壊、歴代2位記録のシーズン70勝達成

ついに2015-16シーズンのゴールデンステイト・ウォリアーズが、NBA史上でマイケル・ジョーダン時代のシカゴ・ブルズしか達成していない快挙を成し遂げた。

ウォリアーズは現地7日、オラクルアリーナで行われたサンアントニオ・スパーズ戦に112-101で圧勝。今季プレーオフの1位シードを確定させると同時に、1995-96ブルズに次いでシーズン70勝に到達した歴代2番目のチームとなった。

▼レギュラーシーズン成績歴代Top6

成績 プレーオフ
ブルズ
1995-96
72勝10敗 優勝
ウォリアーズ
2015-16
70勝9敗
ブルズ
1996-97
69勝13敗 優勝
レイカーズ
1971-72
69勝13敗 優勝
セルティックス
1972-73
68勝14敗 ECファイナル敗退
76ers
1966-67
68勝13敗 優勝

この日の試合は、スパーズにとってほとんどいいところがなかった。序盤こそはロースコアな展開で善戦したものの、第1Q残り3分にラマーカス・オルドリッジが右手小指の脱臼でベンチに下がると、そこからウォリアーズが14-0のランで二桁リードを獲得し、一気に主導権を掌握。スパーズはカワイ・レナードの活躍により、第2Q残り1分で6点差まで巻き返したが、その後ハリソン・バーンズに2連続スリーを決められ、52-40の12点差で試合を折り返すことになる。

ウォリアーズのスティーブ・カーHCは、ディフェンスローテーションでミスがあった際にすぐさまタイムアウトを取り、ボードを叩きながらチームを怒鳴り散らすなど、気合が入っていた。

後半に入っても試合の流れが変わることはなく、ウォリアーズが完全にペースを支配。一方のスパーズは集中力が切れてきたのか、ディフェンス面でヘルプの遅れやミスコミュニケーションが目立つようになり、第3Q残り6分で23点リードを奪われると、その後はウォリアーズに二桁点差を維持されたまま完敗を喫した。

▼ミスコミュニケーション

スパーズにしてみれば、スタメンを全員出場させ、最近ホームで不調気味だったウォリアーズをさらにへこませるはずが、逆に自信と勢いをブーストさせてしまう結果に終わった気がする。しかもこのタイミングでオルドリッジがシューティングハンドを負傷するとか…。

Q1 Q2 Q3 Q4
SAS 15 25 29 32 101
GSW 20 32 35 25 112

「彼ら相手にミスは許されない。世界一のチームだ。ディフェンスの集中力を失ったり、無分別なショットを打ったりするのは論外。もしくは十分にボールを動かさなかったり、速いペースで彼らにボールを戻したりしてしまうと、大変なことになる」
– グレッグ・ポポビッチ

カリー

3月に行われた前回の対戦では、スパーズのペリメーターDとスイッチに苦しんだステファン・カリーだが、この日は見事にゲームプランをアジャスト。自身がスリーを打ちまくるのではなく、ペネトレーションやパスでチームメイトをセットアップしながら、特に第3Qはトランジションやピック&ロールから積極的にレーンを攻め、レイアップで得点を稼いだ。カリーは最終的にゲームハイの27得点/9アシストを記録している。

▼カリーのSAS戦ショットチャート:
3月19日(左)vs.4月7日(右)

カリー スパーズ戦ショットチャート比較

またウォリアーズは、ハリソン・バーンズが21得点/8リバウンド、ドレイモンド・グリーンが18得点/7アシストで勝利に貢献。チーム全体でFG成功率54.2%、3P成功率48%、33アシストと、極めて効率の高いオフェンスで終始圧倒した。

再びオラクルアリーナで惨敗を喫したスパーズは、レナードがFG成功率66.7%で23得点を獲得した他、デビッド・ウェストが11得点/7アシスト、オルドリッジが11得点をマーク。ディフェンスで活躍したダニー・グリーンは、3本のスリー成功で9得点、4スティールをあげている。

▼レナード

ダンカンはミスマッチ?

3月19日の対戦ではベンチ出場で8分のプレータイムに終わったティム・ダンカンだが、この日はボリス・ディアウが欠場したこともあり19分出場し、4得点、3リバウンド、2ターンオーバー、FG成功率33%を記録。攻守共に本来の調子でプレーできず、やや懸念が残る結果となった。

ディフェンス面では、コンスタントにペイントエリアから外に引っ張り出されるため、最大の武器であるリムプロテクション力を発揮できない上、カリーのピック&ロールを守備する際にはクイックネスが足りず、常にワンステップ遅れてしまう。ウォリアーズ戦でダンカンを長時間フロアに立たせるのは(特にカリーがいる時間帯は)、少し厳しいかもしれない。

カーHC、「ウォリアーズvs.95-96ブルズ」について

スティーブ・カー ウォリアーズとブルズ

「とても答えに困る質問だ。異なる時代を比較するのが難しいというだけでなく、私にとっては文法的にも本当に答えるのが難しい。『我々(we)』が誰で、『彼ら(they)』が誰なのか、私にはわからないよ。とりあえずこう言っておこう。もしこの2チームが対戦したなら、間違いなく我々が我々に勝てるはずだ」
– スティーブ・カー

「2015-16ウォリアーズと1995-96ブルズはどっちが勝つ?」、両チームに所属したカーHCにとってどちらを選んでもある意味不正解な質問をするな、ということだろう。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ぴよ

    NBAの記録が変わる瞬間を見たい…!
    その一心で最近はウォリアーズを応援していますが、今回はスパーズの内容が悪かったですねー。ウォリアーズのホームコートアドバンテージは確定しているので、プレーオフでは苦戦を強いられるのではないでしょうか?
    カーHCにとっては、たしかに奇妙な質問ですね(笑)やたらと96年ブルズを持ち上げる人もいますが、現代のNBAでも70勝は簡単にできることではないですよね。今季ウォリアーズは、過去のどの偉大なチームとも、比肩する存在だと思います。

    • 新記録の樹立を見たいという気持ちもありますが、個人的にスパーズファンなので少し複雑です笑。スパーズはあと2勝で史上初のシーズンホーム無敗を達成できるので…。そんな状況で、73勝を賭けたウォリアーズと対戦するとか面白すぎですね。10日は白熱したバトルが見れることを期待したいです。

      確かに今季のウォリアーズは歴代屈指ですね。シーズン70勝以上とホーム54連勝がその確たる証拠です。スコッティ・ピッペンやギルバート・アリーナスが、「95-96ブルズは15-16ウォリアーズをプレーオフでスイープできる」みたいなことを言っていましたが、今のルールで戦ったらそれはあり得ないと思います。もし2連覇を達成できれば、さらに評価が上がるはずです。

  • MKT

    残り3試合全勝して新記録樹立を見たいところではあります。しかし第1シードを確定させた今、最近の調子を考慮すると残り試合は全部負けてもいいから主力にはできる限り休養を与えプレーオフに臨むのがベストと思われます。何よりも優勝が望まれますし、新記録を樹立したところで主力が疲労し優勝できないとなると何のために頑張ってきたんだ、となってしまいます。そこら辺を選手もわかってると思うのですが、カリーが試合後に「俺たちは記録を破りたい」と言ってるのがちょっと気になります。うまいことカーHCがまとめあげて欲しいところです。
    それにしてもスティーブ・カーはすごい。選手として72勝を経験し、HCとして別チームを70勝に導くなんて。もうあとは優勝さえしてくれたら何も言うことはないです。

    • ウォリアーズは全力で記録を狙いにいきそうですね。スティーブ・カーHCは「休ませたい」としながらも、「選手の判断に任せる」というスタンスを取っているようです。もちろんリスクはありますが、それだけの価値はあると思います。チャンピョンは毎年誕生しますが、73勝は今後しばらくは破られないであろう史上初の大記録ですからね。
      とりあえずその過程で怪我だけはないように祈りたいです。

Back to Top ↑