ブログ ウォリアーズ 22連勝

Published on 12月 7th, 2015 | by Tunaパスタ

3

ウォリアーズが歴代最長記録3位タイのシーズン22連勝!!

ゴールデンステイト・ウォリアーズが現地6日、ニューヨークで行われたブルックリン・ネッツとの試合に114-98で快勝。1シーズンでの連勝記録を2007-08ヒューストン・ロケッツと並び史上最長3位タイとなる22連勝に伸ばした。昨季レギュラーシーズン終わりの4連勝も合わせれば26連勝中となる。

▼NBA連勝記録

チーム 連勝 シーズン
レイカーズ 33 1971-72
ヒート 27 2012-13
ウォリアーズ 22 2015-16
ロケッツ 22 2007-08
バックス 20 1970-71

今季のウォリアーズはすべての試合で100点以上を記録しており、1試合115.1点を平均。平均得失点差は+14.9点で、22試合中15試合で二桁点差の圧勝を収めた。なお、シーズン20連勝以上を達成したウォリアーズを除く上記4チームのうち、ロケッツ以外の3チームがその年のNBA王者に輝いている。

6日のネッツ戦は、第4Q開始1分の時点で89-85の4点差と接戦だったが、そこからウォリアーズのベンチユニットが大奮闘し、残り時間4分20秒にかけて20-4のランを展開。主に一気にリードを20点に拡大し、バック・トゥ・バック2試合目での勝利をものにした。

Q1 Q2 Q3 Q4
GSW 30 27 30 27 114
BKN 16 38 26 18 98

ウォリアーズは、ステファン・カリーがゲームハイの28得点をマーク。フリースローが4本中1本の成功と珍しくファウルショットに苦戦したものの、スリーポイントは9本中5本と相変わらずの高確率で決めている。

またドレイモンド・グリーンが22得点、9リバウンド、7アシストと引き続きオールラウンドなパフォーマンスを披露。ベンチからは、フェスタス・エジーリが12得点/4ブロック、リアンドロ・バルボサが11得点で勝利に貢献した。

敗れたネッツは、サディウス・ヤングが25得点、14リバウンドのダブルダブルを記録した。

続いてウォリアーズは、現地8日にイースト4位のインディアナ・ペイサーズと敵地で対戦。MVPレベルの活躍を続けるポール・ジョージとのマッチアップにハリソン・バーンズが欲しいところだが、現地メディアの報道によると、少なくともあと1週間の欠場が必要とのこと。ウォリアーズがイースト遠征を終える13日に再検査が予定されているという。

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • SW

    GSWは、負けそうな所でも、負けない強さを持っているステフ、クレイだけのチームじゃあない。バスケットボール=チームプレイを再確認させるチームですね。

    • ですね。バーンズがいなくなってからもロールプレーヤーの誰かがステップアップしてますね。特にエジーリとかオフェンスリバウンドやトランジションですごくいい仕事をしています。
      GSWはスプラッシュブラザーズを卒業しましたね。今では完全にカリー&グリーンが中心のチームです。昨季の開幕前は、グリーンとリーのどちらをスタメンにするべきか、なんて議論されていたのが信じられません。
      今のリーグでグリーンと同じようなプレーができるのはレブロンだけだと思います。

      • SW

        その通りです!カリー&グリーンが完全に中心ですわ。グリーンの攻守に渡るハッスルは、マジでレブロンクラスですね…。
        オールスター、GSWから、スタメン+スモールラインナップ全員出場とかないですかね?Eastの先発vsGSWスモールラインナップ見てみたいです。多分、勝つと思いますが(笑)

Back to Top ↑