ブログ ウォリアーズ 60勝

Published on 3月 29th, 2017 | by Tunaパスタ

2

ウォリアーズが3シーズン連続で60勝到達

ゴールデンステイト・ウォリアーズが現地28日、トヨタセンターで行われたヒューストン・ロケッツ戦に113-106で勝利。1990年代シカゴ・ブルズ以来初でNBA史上6チーム目となる3季連続でのシーズン60勝を達成した。

▼3年連続60勝到達チーム

チーム 合計勝利数 優勝
バックス
(1970/71~72/73)
189勝 1回
セルティックス
(1979/80~81/82)
186勝 1回
セルティックス
(1983/84~1985/86)
192勝 2回
レイカーズ
(1984/85~87/88)
251勝 3回
ブルズ
(1995/96~97/98)
203勝 3回
ウォリアーズ
(2014/15~16/17)
200勝 1回

3シーズン連続60勝を複数回達成したフランチャイズはボストン・セルティックスのみ。また4年連続での達成は1984~88のレイカーズのみとなっている。

28日の試合は、第1Qを37-20で上回って先手を取ったウォリアーズに対し、ロケッツは第2Qからフリースローでじわじわと反撃。第3Qにはロケッツが3点差にまで巻き返しつつ、ステファン・カリーをファウルトラブルに陥れるなど、主導権が入れ替わりそうになる場面も何度かあったが、ウォリアーズは何とか終盤まで踏ん張ってリードを維持し、第4Q終盤でフロアに戻ったカリーがクラッチショットを連続で決めてとどめを刺した。

▼カリーvsハーデン

ウォリアーズは、カリーが32得点、10リバウンド、7アシスト、クレイ・トンプソンが25得点をマーク。チーム合計で29回のファウルを犯し、ロケッツに39本のフリースローを与えてしまったが、その一方でロケッツの3P成功率を16.1%(31本中5本)に抑えて逃げ切った。ウォリアーズは翌29日にサンアントニオでスパーズと対戦した後、31日にホームで再びロケッツと戦う。

ロケッツは、ジェイムス・ハーデンが24得点、13アシスト、11リバウンドで今季20回目のトリプルダブルを記録した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Ma Yo Kawakami

    多くの選手が今夏でFAとなります。Curryも今夏でFAとなり、噂ではMAX200億円相当で契約を結ぶと言われています。(基本的には、ウォリアーズに残るようです。) Curryの契約金次第で、現在籍選手と契約出来るが決まってきます。 またポストシーズンの成績次第で移籍を望む選手が出てくる可能性もあり。つまりウォーリアーズ時代の終わりとなる可能性もありますね。
    いずれにせよ今晩のゲームがConference Finalの前哨戦なので、見守りたいところです。
    アダム・シルバーがお灸をすえたので、前戦みたいにスター選手がベンチとの事態にはならないようですね。

  • YusukeIndia

    KD離脱直後は3連敗とかしてましたが、これで8連勝ですか!
    好調のロケッツ相手にキッチリ勝つあたり、チームとして強い昨シーズンのウォリアーズみたいですね!
    最後のカリーのクラッチスリーは鳥肌モンでした。

    さ、次はスパーズ戦ですか! 楽しみです!(^^)

Back to Top ↑