ブログ ウォリアーズ 73勝

Published on 4月 14th, 2016 | by Tunaパスタ

12

ウォリアーズがNBA新記録のシーズン73勝9敗達成

ゴールデンステイト・ウォリアーズが現地13日、本拠地オラクルアリーナで行われた今季最後の試合でメンフィス・グリズリーズに125-104で快勝し、シーズン73勝(9敗)に到達。1995-96シカゴ・ブルズを追い抜き、ついにNBA史上最高記録を樹立した。

▼歴代レギュラーシーズン成績Top6

成績 プレーオフ
ウォリアーズ
2015-16
73勝9敗
ブルズ
1995-96
72勝10敗 優勝
ブルズ
1996-97
69勝13敗 優勝
レイカーズ
1971-72
69勝13敗 優勝
セルティックス
1972-73
68勝14敗 ECファイナル敗退
76ers
1966-67
68勝13敗 優勝

2016年4月13日(現地)は、NBAのレギュラーシーズン史上で最高の1日だったと言えるかもしれない。ウォリアーズの73勝に続いて、コービー・ブライアントの引退試合60得点。バラク・オバマ米大統領の公式Twitterアカウントも試合前からはしゃいでいた。

この日のウォリアーズは、ステファン・カリーの第1Q20得点により、序盤からグリズリーズを圧倒。前半を70-50で上回り、20点差で試合を折り返すと、第3Qにはカリーが再び21得点で爆発し、最後まで二桁リードを維持したまま記録更新を達成した。

「この素晴らしいシーズンを終えるには、最高の形だった。さっき私は選手たちにこう告げたんだ。あの記録が破られるとは全く想像できなかった、とね。ジョー・ディマジオ(元ヤンキース)の連続安打記録のようなものだと考えていたからだ。私が間違っていた。だが20年前に言ったのと同じことを、もう一度言わせてもらおう。『この記録が破られることはないだろう』。誰かが74勝8敗を達成できるとは思えない。そして我々のファンたちが来年にそれを期待していないことを祈る」
– スティーブ・カー

Q1 Q2 Q3 Q4
MEM 23 27 31 23 104
GSW 37 33 32 23 125

試合後、これまでの記録保持者だった元ブルズのマイケル・ジョーダンも、ウォリアーズの成功を祝うコメントを残している。

「ウォリアーズの素晴らしいシーズンを祝福させてほしい。バスケットボールは常に進化を続けており、記録は破られるためにある。ウォリアーズは見ていてとても楽しいチームだった。プレーオフでの活躍に期待したい」
– マイケル・ジョーダン

カリーは3P成功400本超え

カリーはこの日、30分の出場時間で10本のスリーを沈め、46得点をマーク。今季の通算3P成功数で402本に到達するという空前の快挙を成し遂げた。シーズンスリー400本は、ウルブズ(455本)とバックス(440本)のチーム合計本数とそれほど変わらない数字だ。

▼1シーズンスリー成功数歴代Top5

プレーヤー 3P 成功率
ステファン・カリー
2015-16
402 45.4%
ステファン・カリー
2014-15
286 44.3%
クレイ・トンプソン
2015-16
276 42.5%
ステファン・カリー
2012-13
272 45.3%
レイ・アレン
2005-06
269 41.2%

▼カリー、2015-16シーズン

カリー 2015-16ショットチャート

またカリーはグリズリーズ戦で46得点をあげたことで、今季平均得点が30.1得点に到達。Basketball Referenceのデータによると、シーズン平均で30点を超えたのは歴代27人目となる。

さらに今季のカリーは、シューティングスタッツでFG成功率50.4%、3P成功率45.4%、フリースロー成功率90.8%を記録。 スティーブ・ナッシュ(4回)、ラリー・バード(2回)、マーク・プライス、レジー・ミラー、ダーク・ノビツキー、ケビン・デュラントに次いで、「50-40-90」を達成した史上7人目の選手となった。

参考記事:「ESPN

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ぴよ

    今季は素晴らしいシーズンフィナーレが見られましたね…!大記録とスーパースターの意地を残して去っていったコービー、NBA史上最高の成績と、最高にエキサイトな感動を与えてくれたGSW。
    日々進化してゆくNBAのバスケットスタイルが、ここにきて一層変わってきたことを、GSWの躍進とコービーの引退で感じました。

    • 今季のシーズンフィニッシュは本当に最高でした!コービーが引退したという実感はまだわきませんが…。コービーのいないNBAをまだ見たことがないので、すごく不思議な感じです。

  • masayann

    GSWやりましたね!今日はコービーの60点にGSWのシーズン記録にカリーがスリー400本、50-40-90など記録がたくさん生まれた日ですね!こんなに1日で記録が生まれる日はこの後ありますかね?

  • masayann

    一つ気になったのが今年クレイトンプソン276本もスリーポイント入れてたんですね!なのにほとんど話題にならないというwまぁこれを見て再認識したのはやっぱりスプラッシュブラザーズは本当に恐ろしいバックコートだなぁということですねw

    • 確かにクレイも何気に歴代3位のスリー記録ですね。今季のスプラッシュブラザーズは歴代最高のバックコートコンビだった思います。2人の合計スリー678本は、OKCのチーム合計と同じ、かつ13チームを上回ってますからね。異常です笑

      • masayann

        クレイのスリー本数はキャリアハイだと思いますが昨シーズンが223本とかでしたから50本増えてるんですよね?しかも1年で、、、まぁカリーは100本増加していますがwwwクレイも300はいつか行くと思います。そしてカリーの次の目標は500?w想像できませんがもしそうなれば相手チームからするとGSWとは戦いたくないでしょうね、、、まぁ500は無理でしょうけど、、、

  • MJ32

    カリー時代前の1位であるアレンの記録を成功数だけではなく、成功率でも上回っているんですね。単にチームの方針として沢山打つ事が許されたから達成できた、わけではない事の証明ですね。
    フリースロー91%ですか。なんとなく、98%くらい決めている印象…

    • >アレンの記録を成功数だけではなく、成功率でも上回っている
      カリーの凄さはやはりそこですね。45%の成功率で400本以上を決めるとかチートすぎです笑 しかもアレンやトンプソンよりも、激しいディフェンスをドリブルで振り切ってからのプルアップスリーや3Pライン2~3m外側からのロングスリーなど、難しいショットの本数が遥かに多いのに…。

  • 36s

    イグダラのDF上手すぎる。
    これはPOも勝ち上がりますわ。

    • やっぱりイギーがいてこそ最強のウォリアーズですね。

  • ぶう

    初めまして!3年ほど前からNBAを見るようになり同時期にこちらのブログを見つけいつも楽しみに読ませていただいているしがないNBAファンです。
    自己紹介が長くなってしまいましたが13日は伝説的な1日になりましたね!
    コービーのラストゲーム60得点もさることながら、3pt400本.50-40-90.シーズン30得点、さらに73勝を同時にやってしまったカリー&GSWは本当に素晴らしい…

    • はじめまして!いつもありがとうございます。
      13日は完全にバスケの神が降臨していましたね。これほど盛り上がったレギュラーシーズンゲームは記憶にありません。コービーのプレーには感動で涙が出ました。NBAの歴史で1試合60得点に到達した選手が18人しかいないというのに、それを37歳での引退試合でやってしまうなんて…。
      そして、ジョーダンの記録をついに超えたウォリアーズの73勝。最高の1日でした。

Back to Top ↑