ブログ ウォリアーズ ホーム44連勝

Published on 3月 5th, 2016 | by Tunaパスタ

0

ウォリアーズがサンダーとのシーズン対決をスイープ、ホーム44連勝で歴代記録タイに

ゴールデンステイト・ウォリアーズが現地3日、オラクルアリーナで行われたオクラホマシティー・サンダー戦に121-106で勝利。昨年の1月31日から始まったレギュラーシーズンのホーム連勝記録を、1995-96シカゴ・ブルズと並ぶ歴代最長の44連勝に更新した。

▼NBAホーム連勝記録(2016年3月4日現在)

チーム 開始 終了 連勝
ウォリアーズ 2015/1/31 継続中 44
ブルズ 1995/3/30 1996/4/4 44
マジック 1995/3/21 1996/3/19 40
セルティックス 1985/12/10 1986/11/28 38
スパーズ 2015/3/15 継続中 38

序盤からリードチェンジを繰り返し、ハーフタイムで63-61の接戦となった3日の試合。後半に入るとサンダーに先手を取られ、第3Q残り5分で9点ビハインドに陥ったウォリアーズだが、そこから第4Q残り9分にかけて24-7のランを展開し、一気にゲームの流れを変える。特に第4Q序盤は、ショーン・リビングストンが攻守でステップアップし、セカンドユニットの起爆剤となった。

その後サンダーが残り時間6分で2点差に巻き返す反撃をみせるも、ウォリアーズは12-3のランで応戦して、3分間でリードを二桁に拡大。さらにそこからステファン・カリーがステップバック・スリーを2本沈め、サンダーにとどめを刺した。

Q1 Q2 Q3 Q4
GSW 28 33 22 23 121
OKC 29 34 19 39 106

これでサンダーとのシーズン対決を3勝0敗でスイープしたウォリアーズは、カリーが5本のスリーを沈めて33得点を獲得。ウォリアーズの選手として、2001年4月のアントワン・ジェイミソン以来初となる5試合連続の30点超えを達成した。

ウォリアーズは他に、クレイ・トンプソンが21得点、ドレイモンド・グリーンとハリソン・バーンズがそれぞれ14得点をマーク。ベンチからは、リビングストンが11得点/8アシスト、マリース・スペイツがスリー2本成功の10得点で大貢献している。

▼スペイツのフルコートタッチダウンパス

敗れたサンダーは、ケビン・デュラントが32得点、10リバウンド、9アシスト、ラッセル・ウェストブルックが22得点、7アシスト、サージ・イバカが20得点と、主力3選手が合計74得点でオフェンスを牽引。その一方で特に後半はミスが目立ち、デュラントはターンオーバー(9本)、ウェストブルックはタフショット(スリー8本中1本)を連発してオフェンスのリズムが悪くなった。

なおサンダーは、オールスターブレイク後の8試合で2勝6敗と大きく成績を落としている。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑