ブログ ウォリアーズ 15連勝

Published on 11月 23rd, 2015 | by Tunaパスタ

4

ウォリアーズが開幕15連勝で歴代NBA記録タイ

ゴールデンステイト・ウォリアーズが、現地22日のデンバー・ナゲッツ戦に118-105で快勝。開幕から15連勝を達成し、1993-94ヒューストン・ロケッツ、1948-49ワシントン・キャピトルズと並んで歴代最高のシーズンスタートを飾った。

シーズン チーム 成績
2015-16 ウォリアーズ 15-0
1948-49 キャピトルズ 15-0
1993-94 ロケッツ 15-0
1957-58 セルティックス 14-0
2002-03 マブス 14-0
1982-83 スーパーソニックス 12-0
1996-97 ブルズ 12-0

昨季レギュラーシーズンを含めると、現在ウォリアーズはNBA最長記録6位タイとなる19連勝中。1972-73のレイカーズが33連勝で史上最長記録を40年以上保持している。

22日の試合は、チーム全体で29本中15本のスリー成功と35アシストを記録したウォリアーズが終始ナゲッツを圧倒。第2Q終盤で一時逆転を許すも、ドレイモンド・グリーンがセンターのスモールラインアップ投入ですぐに流れを引き戻し、ハーフタイムで6点リード、第3Q終了時点で12点リードと点差を広げ、第4Qはステファン・カリーがフロアに戻ることなく圧勝した。

ウォリアーズは、クレイ・トンプソンがチームハイの21得点、7アシストをマーク。カリーが27分の出場で19得点/7アシスト/3スティールを獲得した他、ハリソン・バーンズが17得点、グリーンが13得点でそれぞれ勝利に大貢献した。ウォリアーズは合計7選手が3アシスト以上を記録している。

▼カリーは今季初の20点未満ゲーム

一方のナゲッツは、ダレル・アーサーがチームハイの21得点、8リバウンドと奮闘。ダニーロ・ガリナリとベンチ出場のウィル・バートンがそれぞれ19得点を挙げた。新人のエマニュエル・ムディエイはFG成功21本中6本とシューティングが振るわなかったが、最終的に17得点、8アシストをマークしている。

▼ムディエイは今季12.9得点/6.4アシスト平均

ウォリアーズは、現地24日にホームで行われるレイカーズ戦に勝利すれば、開幕16連勝でNBA新記録樹立となる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • SW

    Tunaさん
    相変わらず、upが早いですね!お疲れ様です!(笑)
    いや〜、GSWどこまで行くのでしょうか。
    ステフが4Q全休で、この強さ。そして、19点で満足し、チームの勝利を最優先しているステフの姿勢(いや、他のメンバーもそうですが)。
    現在、勝てるチームは絶好調のSASくらいでは?(笑)兎にも角にも、今日はハッピーです(^○^)

    • 正直、今季のウォリアーズにはいろいろな記録を破ってほしいです。特にブルズの72勝とか、レイカーズの33連勝とか…。
      ひいきチームだからだというわけではありませんが、GSWに最も上手くマッチアップできるのはスパーズだと思っています!1月の対戦に期待ですね。

  • くりあたま

    次はレイカーズか・・・
    勝ったな、風呂入ってくる

  • 確かにスパーズが最も有力かもですね。ウォリアーズがスモールを仕掛けてきても、スターターだけでなく、オルドリッジ/ディアウ/レナード/グリーン/ミルズ、もしくはオルドリッジ/レナード/グリーン/ジノビリ/パーカーなど、カウンターできそうなオプションが多いので対応策が見つかるはず…。
    まあ7ゲームのシリーズで勝てる気はしませんが笑 シーズン後半にかけて、オルドリッジがどこまでスパーズのシステムに溶け込みつつ、本来の実力を発揮してくれるかですね。

Back to Top ↑