ブログ %e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af-5%e8%a9%a6%e5%90%88%e9%80%a3%e7%b6%9a%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab

Published on 12月 5th, 2016 | by Tunaパスタ

3

ウェストブルック、ジョーダン以来初の5試合連続トリプルダブル

オクラホマシティー・サンダーのラッセル・ウェストブルックが現地4日、本拠地チェサピーク・エナジー・アリーナで行われたニューオリンズ・ペリカンズ戦で28得点、17リバウンド、12アシストを獲得。今季10回目かつ11月25日のデンバー・ナゲッツ戦から5試合連続となるトリプルダブルを達成した。

ESPNによると、5試合連続でTDを記録したのは、1989年のマイケル・ジョーダン以来初だという。

▼連続トリプルダブル最長記録

TD プレーヤー シーズン
9試合 ウィルト・チェンバレン 1968
7 マイケル・ジョーダン 1989
7 オスカー・ロバートソン 1961
5 オスカー・ロバートソン 1962
5 ラッセル・ウェストブルック 2016

「僕はとにかくプレーしているだけ。毎試合で(TDを)達成するかどうかなんて話はしたくない。僕はただ高いレベルで競争しようとしているだけだ。NBAに入ってからずっとそうしてきたようにね」
– ラッセル・ウェストブルック

この日のウェストブルックは、第3Q終盤の時点で10個目のアシストを記録してトリプルダブルを達成。FG23本中10本成功で、さらに10ターンオーバーとややミスも多かったが、第4Q残り51秒には試合を3ゴール差とするクラッチスリーを沈めるなど、正念場でも大活躍し、サンダーを101-92での勝利に導いた。

連勝記録を5に伸ばしたサンダーは、ウェストブルックの他に、エネス・カンターが17得点、10リバウンドのダブルダブルをマーク。敗れたペリカンズは、アンソニー・デイビスが37得点、15リバウンド、4ブロックの大奮闘をみせた。

なおウェストブルックは、連続トリプルダブル中の5試合で28.4得点、14.6リバウンド、13.8アシストを平均。シーズンでは31.0得点(リーグ2位)、11.3アシスト(リーグ2位)、10.8リバウンド(リーグ10位)を記録している。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑