ブログ ウェストブルック 新記録

Published on 4月 10th, 2017 | by Tunaパスタ

8

ウェストブルック、トリプルダブルで歴代新記録樹立

半世紀以上にわたり誰も近づくことすら出来なかったNBAの大記録がついに破られた。

オクラホマシティー・サンダーのラッセル・ウェストブルックが現地4月9日、ペプシ・センターで行われたデンバー・ナゲッツ戦で50得点、16リバウンド、10アシストをマークし、今季42回目のトリプルダブルを達成。1シーズンのトリプルダブル数で1961-62のオスカー・ロバートソンを抜き、歴代最多記録を打ち立てた。

▼1シーズンTD数歴代ランキング

プレーヤー TD シーズン
ラッセル・ウェストブルック 42回 2016-17
オスカー・ロバートソン 41回 1961-62
ウィルト・チェンバレン 31回 1967-68
オスカー・ロバートソン 26回 1960-61
オスカー・ロバートソン 26回 1963-64

▼新記録誕生の瞬間には敵地で大歓声

「最高の気分だ。これが達成できるなんて、子供の頃は夢にも思わなかった」
– ラッセル・ウェストブルック

またウェストブルックは、キャリア通算TD数で79回に到達。ウィルト・チェンバレンのキャリアトータルを上回り、オスカー・ロバートソン(181回)、マジック・ジョンソン(138回)、ジェイソン・キッド(107回)に次ぐ歴代4位に浮上している。

新記録樹立もさることながら、この日のウェストブルックが最も輝いていたのは、正念場でのテイクオーバー。サンダーの10点ビハインドで迎えた第4Q残り2分30秒から10連続得点を決めて1ゴール差に持ち込み、試合最後のポゼッションでは終了のブザーと同時に逆転スリーを沈めるという圧巻のクラッチパフォーマンスを見せ、サンダーを逆転勝利に導いた。

▼完璧な締めくくりで歴史的な夜を飾る

ウェストブルックのブザービーターにより、ナゲッツは今季42敗目を喫し、プレーオフレースから脱落。ポートランド・トレイルブレイザーズのウェスト8位シードが確定し、ウェスタンカンファレンス第1ラウンドすべてのマッチアップが決まった(ウォリアーズ×ブレイザーズ、スパーズ×グリズリーズ、ロケッツ×サンダー、クリッパーズ×ジャズ)。

▼ウェストブルックのシーズンハイライト

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑