ブログ スパーズ サンダー

Published on 3月 10th, 2017 | by Tunaパスタ

6

サンダーがスパーズの連勝をストップ、ウェストブルックは今季31回目のTD

現地9日にチェサピーク・エナジー・アリーナで行われたオクラホマシティー・サンダー対サンアントニオ・スパーズの試合は、サンダーが大部分でペースを支配して102-92で快勝。自身の連敗を4で止めると同時に、オールスターブレイクから無敗だったスパーズの連勝を9で終わらせた。

この試合では、ラッセル・ウェストブルックが23得点、13リバウンド、13アシストをマークして、今季31回目のトリプルダブルを達成。1シーズンにおけるTD数で、1967-68ウィルト・チェンバレンの歴代最多2位記録と並んだ。ウェストブルックがスパーズ相手にトリプルダブルを獲得するのは、レギュラーシーズンとプレーオフを含めて今回がキャリア初となる。

敗れたスパーズは、カワイ・レナードが19得点、パウ・ガソルが18得点、ラマーカス・オルドリッジが17得点を記録。レナードは第3Qにビクター・オラディポとの接触プレーで頭を打ったため途中退場し、第4Qをプレイしていない。またこの日は、トニー・パーカーとマヌ・ジノビリが欠場したこともあって、特にセカンドユニットがオフェンスを組み立てるのに大苦戦し、チーム合計で15アシストに対して14ターンオーバーを出してしまった。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ESTA

    バードの気持ちがわかります
    十年連続でMVPとってほしい…

    • サンダーが4位シードまで上がれれば、もしかするとラスのMVPもあり得るかもですね。ここ30年で3位シード以下のチームでMVPを取ったのは1988年のマイケル・ジョーダンのみで、4位シード以下の受賞者はゼロですが、今季のウェストブルックは例外になってもおかしくない大活躍だと思います。

  • お茶

    面白い試合でした、ベンチメンバーが踏ん張るとサンダーは強いですね
    ウエストブルックの裏に出すパスは絶妙です
    レナードはロバーソンの守備に手を焼いていた印象です、それでもしっかり仕事はこなしていましたけど
    ツナさんのおっしゃる通りセカンドユニットのオフェンスはやや停滞気味で、潤滑油になれるベテランが必要でしたね
    ガソルはスリーが本当に上手くなったと思います、少なくともプレミアム4の時よりは(笑)

    • パーカーとジノビリの大切さを改めて実感させられた試合でした。2人の他にはレナードしかオフェンスを回せる選手がいないんですよね。この試合でも、レナードがローポストでアブリネスを背負う絶好のミスマッチが何度かありましたが、中継の選手がサンダーのプレッシャーDに押されてボールを入れることすら出来ていませんでした。

  • YusukeIndia

    upありがとうございます(^ ^)
    スパーズファンのtunaさんの前で言うのも申し訳ないですが、サンダーの大勝利でした!!
    パーカーやジノビリがいなかったとは言え、4連敗中だったサンダーがあのスパーズ相手にここまでゲームを支配するとは全く予想外でした!

    そしてラッセル!! 貴方は58点取った一昨日よりも、昨日の方が圧倒的に輝いてました! 歴代2位TDおめでとうございます!!

    今回の結果でプレーオフが俄然楽しみです! このまま順位に変動なければ一回戦で当たる訳ですが、ガチでやったらどうなるのかな?? まぁ、順当に行けばスパーズでしょうが、サンダーが勝つこともあり得るかも?

    • サンダーはレナードをガードできる選手が複数いるので、スパーズにとってはグリズリーズやジャズよりも強敵かもしれません。ガソルとオルドリッジもピック&ロールの守備が少し頼りないので、ウェストブルックが本当に恐ろしいです。スパーズが相手なら、カンターもがっつりと活躍できますからね。スパーズファンとしては、何としても1位シードが欲しいところです。

Back to Top ↑