ブログ NBA 出身地

Published on 7月 23rd, 2014 | by Tunaパスタ

2

もしも各NBAチームが地元の選手だけで構成されていたら…?

ドラフト、サマーリーグ、そして目ぼしいFAも一段落し、オフシーズンのこの時期は特にNBA関連のネタが少ない。なので今回は少し妄想を楽しみたいと思う。

今年はレブロン・ジェイムスが生まれ故郷のクリーブランドへと帰還することとなったが、もしもすべての選手が出身地のチームに戻ったら一体どんなリーグが出来上がるのか?とりあえず今以上にチーム格差が広がることだけは分かった。(ソース:Elite Daily

※以下の選手振り分けは、出身地だけでなく、高校時代を過ごしたなどの要素も考慮したもの


1.シカゴ・ブルズ(イリノイ州)

  • 1:デリック・ローズ(シカゴ)
  • 2:ドウェイン・ウェイド(シカゴ)
  • 3:ジャバリ・パーカー(シカゴ)
  • 4:ショーン・マリオン(ワウケガン)
  • 5:アンソニー・デイビス(シカゴ)

2.シャーロット・ホーネッツ(ノースカロライナ州)

NBA 出身地 シャーロト

  • 1:クリス・ポール(ウィンストン・セーラム)
  • 2:ジョン・ウォール(ローリー)
  • 3:ステファン・カリー(シャーロット)
  • 4:ジョン・ヘンソン(グリーンズボロ)
  • 5:クリス・ウィルコック(ローリー)

3.ポートランド・トレイルブレイザーズ(オレゴン州)

  • 1:ロニー・ブリュワー(ポートランド)
  • 2:テレンス・ロス(ポートランド)
  • 3:カイル・シングラー(メドフォード)
  • 4:テレンス・ジョーンズ(ポートランド)
  • 5:ケビン・ラブ(レイクオスウィーゴ)

4.ロサンゼルス・クリッパーズ(カリフォルニア州)

NBA 出身地 ロサンゼルス1

  • 1:ジュルー・ホリデー(チャッツワース)
  • 2:ジェームス・ハーデン(ロサンゼルス)
  • 3:クレイ・トンプソン(ロサンゼルス)
  • 4:カワイ・レナード(コンプトン)
  • 5:ブルック・ロペス(ノース・ハリウッド)

5.アトランタ・ホークス(ジョージア州)

  • 1:ケンタビアス・カルドウェル=ポープ(トーマストン)
  • 2:ジョディー・ミークス(ノークロス)
  • 3:ジョシュ・スミス(カレッジパーク)
  • 4:デリック・フェイバーズ(アトランタ)
  • 5:ドワイト・ハワード(アトランタ)

6.マイアミ・ヒート(フロリダ州)

  • 1:ブランドン・ナイト(マイアミ)
  • 2:ティム・ハーダウェイJR.(マイアミ)
  • 3:トレバー・アリーザ(マイアミ)
  • 4:ウドニス・ハスレム(マイアミ)
  • 5:ラリー・サンダース(フォート ピアース)

7.サクラメント・キングス(カリフォルニア州)

  • 1:デショーン・スティーブンソン(フレズノ)
  • 2:クインシー・ポンデクスター (フレズノ)
  • 3:レイ・アレン(マーセド)
  • 4:ライアン・アンダーソン(サクラメント)
  • 5:チャック・ヘイズ(サンリアンドロ)

8.インディアナ・ペイサーズ(インディアナ州)

  • 1:ジェフ・ティーグ(インディアナポリス)
  • 2:マイク・コンリー(インディアナポリス)
  • 3:ゴードン・ヘイワード(インディアナポリス)
  • 4:ザック・ランドルフ(マリオン)
  • 5:メイソン・プラムリー(フォートウェイン)

9.ブルックリン・ネッツ(ニューヨーク/ニュージャージー州)

NBA 出身地 ブルックリン

  • 1:カイリー・アービング(ウェスト・オレンジ/NJ)
  • 2:ランス・スティーブンソン(ブルックリン/NY)
  • 3:タジ・ギブソン(ブルックリン/NY)
  • 4:アル・ハリントン(オレンジ/NJ)
  • 5:ケネス・フェリード(ニューアーク/NJ)

10.ロサンゼルス・レイカーズ(カリフォルニア州)

  • 1:ラッセル・ウェストブルック(ロングビーチ)
  • 2:デマー・デローザン(コンプトン)
  • 3:ポール・ジョージ(パームデール)
  • 4:ロビン・ロペス(ノース・ハリウッド)
  • 5:タイソン・チャンドラー(ハンフォード)

11.ダラス・マーベリックス(テキサス州)

  • 1:デロン・ウィリアムス(ダラス)
  • 2:CJ・マイルズ(ダラス)
  • 3:ウェズリー・ジョンソン(コルシカナ)
  • 4:クリス・ボッシュ(ダラス)
  • 5:ラマーカス・オルドリッジ(ダラス)

12.オーランド・マジック(フロリダ州)

  • 1:オースティン・リバース(ウィンターパーク)
  • 2:ビンス・カーター(デイトナビーチ)
  • 3:チャンドラー・パーソンズ(カッセルベリー)
  • 4:アマレ・スタウダマイヤー(レイクウェールズ)
  • 5:マリース・スペイツ(セント・ピーターズバーグ)

13.ニューヨーク・ニックス(ニューヨーク州)

  • 1:ケンバ・ウォーカー(ブロンクス)
  • 2:ダニー・グリーン(ノース・バビロン)
  • 3:トバイアス・ハリス(アイスリップ)
  • 4:ジョアキム・ノア(マンハッタン)
  • 5:アンドレ・ドラモンド(マウントバーノン)

14.ミルウォーキー・バックス(ウィスコンシン州)

NBA 出身地 ミルウォーキー

  • 1:デビン・ハリス(ミルウォーキー)
  • 2:カイル・ウェーバー(ジェーンズビル)
  • 3:カロン・バトラー(ラシーヌ)
  • 4:トニー・ミッチェル(ミルウォーキー)
  • 5:カール・ランドリー(ミルウォーキー)

15.クリーブランド・キャバリアーズ(オハイオ州)

NBA 出身地 クリーブランド

  • 1:トレイ・バーク(コロンブス)
  • 2:ケビン・マーティン(ゼインズビル)
  • 3:レブロン・ジェイムス(アクロン)
  • 4:ジャレッド・スリンガー(コロンブス)
  • 5:コスタ・コフォス(カントン)

16.ボストン・セルティックス(マサチューセッツ州)

  • 1:マイケル・カーター・ウィリアムス(ハミルトン)
  • 2:リッキー・レド(プロビデンス/RD)
  • 3:ライアン・ゴメス(ウォーターバリー/CT)
  • 4:ノア・ヴォンレイ(ハバーヒル)
  • 5:ナーレンズ・ノエル(エベレット)

17.メンフィス・グリズリーズ(テネシー州)

  • 1:ルイス・ウィリアムス(メンフィス)
  • 2:JJ・レディック(クックビル)
  • 3:コーリー・ブリュワー(ポートランド)
  • 4:ブランドン・ライト(ナッシュビル)
  • 5:マーク・ガソル(ジャーマンタウン)

18.ヒューストン・ロケッツ(テキサス州)

  • 1:ダニエル・ギブソン(ヒューストン)
  • 2:ジミー・バトラー(ヒューストン)
  • 3:ジェラルド・グリーン(ヒューストン)
  • 4:デアンドレ・ジョーダン(ヒューストン)
  • 5:ケンドリック・パーキンス(ネーデルランド)

19.トロント・ラプターズ(カナダ・オンタリオ州)

  • 1:コリー・ジョセフ(トロント)
  • 2:ニック・スタウスカス(ミシサガ)
  • 3:アンドリュー・ウィギンス(トロント)
  • 4:アンドリュー・ニコルソン(ミシサガ)
  • 5:アンソニー・ベネット(トロント)

20.フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(ペンシルバニア州)

NBA 出身地 フィラデルフィア

  • 1:カイル・ローリー(フィラデルフィア)
  • 2:コービー・ブライアント(フィラデルフィア)
  • 3:タイリーク・エバンス(チェスター)
  • 4:マイケル・キッド=ギルクリスト(フィラデルフィア)
  • 5:ハキム・ウォリック(フィラデルフィア)

21.ゴールデンステイト・ウォリアーズ(カリフォルニア州)

  • 1:デイミアン・リラード(オークランド)
  • 2:ジェレミー・リン(パロアルト)
  • 3:ポール・ピアース(オークランド)
  • 4:マット・バーンズ(サンタ・クララ)
  • 5:ドリュー・グッデン(オークランド)

22.ニューオーリンズ・ペリカンズ(ルイジアナ州)

  • 1:D.J.オーガスティン(ニューオーリンズ)
  • 2:マーカス・ソーントン(バトンルージュ)
  • 3:タデウス・ヤング(ニューオーリンズ)
  • 4:ポール・ミルサップ(モンロー)
  • 5:グレッグ・モンロー(ニューオーリンズ)

23.デトロイト・ピストンズ(ミシガン州)

  • 1:ジョーダン・クロフォード(デトロイト)
  • 2:クリス・ダグラス=ロバーツ(デトロイト)
  • 3:ドレイモンド・グリーン(サギノー)
  • 4:ケニオン・マーティン(サギノー)
  • 5:クリス・ケイマン(グランドラピッズ)

24.オクラホマシティ・サンダー(オクラホマ州)

  • 1:モーリス・エバンス(ウィチタ/KS)
  • 2:J.R.ギデンズ(オクラホマシティ)
  • 3:ブレイク・グリフィン(オクラホマシティ)
  • 4:シェルデン・ウィリアムス(オクラホマシティ)
  • 5:エクペ・ウドー(エドモンド)

25.ミネソタ・ティンバーウルブズ(ミネソタ州)

  • 1:ネイト・ウォルターズ(セント・クラウド)
  • 2:アレン・アンダーソン(ミネアポリス)
  • 3:マイク・ミラー(ミッチェル/SD)
  • 4:クリス・ハンフリーズ(ミネアポリス)
  • 5:マイク・マスカラ(セント・ルイスパーク)

26.フェニックス・サンズ(アリゾナ州)

  • 1:ジェリッド・ベイレス(フェニックス)
  • 2:カリック・フェリックス(ラスベガス)
  • 3:リチャード・ジェファーソン(フェニックス)
  • 4:ラリー・オーウェンス(メサ)
  • 5:チャニング・フライ(フェニックス)

27.ワシントン・ウィザーズ(ワシントンD.C./メリーランド州)

NBA 出身地 ワシントン

  • 1:タイ・ローソン(クリントン)
  • 2:ルディ・ゲイ(ボルチモア)
  • 3:カーメロ・アンソニー(ボルチモア)
  • 4:ケビン・デュラント(ワシントンD.C.)
  • 5:ロイ・ヒバート(アデルフィ)

※   ※   ※

ウィザーズ、ブルズ、マブス、LA2チームあたりがダントツで強い。バックコート陣ならホーネッツ(カリー、ポール、ウォール)も最強レベルだ。ナゲッツ、ジャズ、スパーズの3チームについては、スタメン5人を構成するのに十分な人数がいなかった様子。

どこが優勝すると思う?

Thumbnail by torkhum/Flickr

参考:「Reddit via Elite Daily

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • kobe24

    とりあえずレイカーズがかなり強い様子で安心(・ω・)ノやっぱり大都会のチームが強い感じですかね(・ω・)ノワシントンはメロとデュラントいるけどスコアラー2人だと逆に噛み合わなそう(・ω・)ノブルックリンはダークホースになるかも(・ω・)ノオフシーズン限定で地元チームを結成してトーナメント制で試合して欲しいですね(・ω・)ノ

Back to Top ↑