ブログ アンドリュー・ウィギンス キャリア最多得点

Published on 1月 18th, 2015 | by Tunaパスタ

6

アンドリュー・ウィギンスがキャリアハイの31得点!!審判も驚くほどの成長ぶり

現地17日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズ対デンバー・ナゲッツの試合で、ルーキーのアンドリュー・ウィギンスが自己最多となる31得点を記録。ウルブズは113対105でナゲッツを破り、今季7勝目を挙げた。

この日のウィギンスはゲーム開始から6本のフィールドゴールをすべて成功させ、第1Qだけで15得点を獲得。最終的にシュート成功数17本中11本の31得点をマークした他、9リバウンド、4アシスト、3ブロックを記録するオールラウンドな活躍をみせた。

▼ウィギンス、17日ナゲッツ戦ハイライト

カナダ出身のNBA選手で30得点以上を記録したのは、1998年のリック・フォックス以来、セルティックスのケリー・オリニクとウィギンスの2選手しかいない。

着実に進化中

デビューから最初の1ヵ月はそれほど目立った活躍がなく、一部では「期待外れのルーキー」などと厳しく批判されたウィギンスだが、12月後半あたりから一気にエンジンがかかり20得点以上のゲームを連発。同じくシュート成功率も10~11月に比べて大幅に改善されている。

▼ウィギンス、最初の20試合とその後の19試合のスタッツ比較

平均 1~20試合 21~39試合
出場時間 29.4分 36.6分
得点 11.9 18.6
FG% 39% 47%
3P% 41.4% 41.5%
リバウンド 3.6 5.1
アシスト 1.2 2.4
スティール 1.1 1.2
ブロック 0.4 0.7

▼1~20試合(左)と21~39試合(右)のショットチャート比較

ウィギンスの進化ぶりは彼のプレーを見れば誰の目にも明らかで、17日のナゲッツ戦では審判がわざわざウルブズのサンダースHCに「ここ1ヵ月でのウィギンスの成長は驚異的だ」と伝えたらしい。実際にウィギンスのスタッツは、リーグを代表するスーパースターたちのルーキーシーズン成績と比べても、それほど見劣りしなくなってきた。

▼スター選手たちのルーキーシーズン最初の39試合のスタッツを比較:

年齢 PTS REB AST FG% STL
C.アンソニー 19 18.4 6.2 2.8 40.4% 1.2
K.デュラント 19 19.5 4.2 2.1 40.2% 0.8
K.アービング 19 18.7 3.7 5.6 47.2% 0.9
D.ローズ 20 16.9 3.5 6.3 47.1% 0.8
A.ウィギンス 19 15.2 4.3 1.8 43.4% 1.1

(※PTS=得点、REB=リバウンド、AST=アシスト、FG%=フィールドゴール成功率、STL=スティール)

ウィギンスのポテンシャルがフルに開花するその日が待ち遠しい。

Video:「YouTube

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 龍 辰巳

    オフェンスパターンがすごい豊富ですね。
    3ptもペネトレイトもあって、ジャンパーもあると。ブロックも、まぁ腕の長いこと。それ届くのか!?と思わず唸ります。

    ウルブズの試合を見る機会がほとんどないので、成長ぶりを目の当たりにできないのが残念です。ルビオやペコビッチら主力が離脱している現状も、ウィギンスにはかえってやりがいがあるのかもしれませんね。

    ここにパーカーやランドルが加わって新人王レース!なんて妄想してワクワクしてたんですが、上位指名の負傷率はすごいですね…
    まぁ贅沢は言わずに、彼らに関しては来シーズンの捲土重来に期待するとして、ウィギンスが今シーズン終了までにどこまで伸びるのか、今季最大の楽しみの一つですね。

    • ウィギンスのオフェンス面がこれほど早く成長するとは驚きです。後はボールハンドルがもう少し上達すれば、恐ろしい選手になりそうですね。

      今ではウィギンスがウルブズにトレードされて本当に良かったなとつくづく思います。もしキャブスに残っていれば、ウィングディフェンスとスポットアップスリーの3-Dロールプレーヤーみたいな役割に収まり、ここまで成長することはなかったと思うんですよ。若いうちからチームの第1オプションを担うというのはスーパースターへの大切なステップですね。

      今季ルーキの怪我続出は残念です。新人王レースはウィギンスとニコラ・ミロティッチの一騎打ちですね。数字だけを見ればウィギンスに分がありそうですが、ミロティッチはあれだけ層が厚いブルズで1試合20分近くの出場時間を勝ち取り、試合終盤の接戦でも起用されるほどの信用を得ているのが大きいと思います。

      ウィギンスがシーズン後半でどこまで伸びるか楽しみですね!

  • 一番搾り

    素晴らしいですね。
    ラブが帰りたくなるようなミネソタにしてほしいですね。
    でも、最近、10年に一人の逸材、多いような気がするな(^_^;)それだけ、レベルが高くなっているってことか。
    何れにせよ、これだけウィギンスが期待通りなら、来季エンビートが復活した時が気になるw
    コート外ではMVPな彼の実力は如何に?

    • エンビートはドラフト前のワークアウトでとんでもないポテンシャルを感じさせてくれたので、デビューがすごく楽しみです。

      確かにコート外ではレブロンを煽ったり、リアーナをデートに誘ったりと、すでにスター街道まっしぐらですね

  • KG

    こんにちは。
    ウルブズファンの者ですが、
    ウィギンスの活躍が唯一の心の支えになってる今日この頃です。

    これで何かの奇跡が起きてラブが出戻りし、
    なおかつドラフトでデュークのオカフォーが取れればなんて妄想してしまいます。
    まぁ前者は100%ないと思いますが(笑)

    まぁ、とにかくウィギンスの成長ぶりは凄まじいですね!

    • いや、わかりませんよ。もしかすると最初からK.ラブは、キャブスを崩壊させてウィギンス/オカフォーを獲得するためにサンダースHCが送り込んだ刺客なのかもしれません…。

      陰謀論はさておき、これからのウィギンスの成長が楽しみですね。すごく応援したくなる選手です。

Back to Top ↑