ブログ ウィリー・コーリー・ステイン キングス

Published on 6月 24th, 2019 | by Tunaパスタ

0

ウィリー・コーリー・ステインがキングスからの移籍を希望

サクラメント・キングスの若手センター、ウィリー・コーリー・ステインがどうやらチームを出たがっているらしい。コーリー・ステインの代理人が現地紙『The Sacramento Bee』の取材で明かした。

今月いっぱいで4年のルーキー契約が終了するコーリー・ステイン。もしキングスが6月30日までにクオリファイング・オファーを提示すれば、今夏は制限付きFAとなる。The Sacramento Beeによると、コーリー・ステイン側はクオリファイング・オファーを受けずに、完全FAになることを望んでいるという。

コーリー・ステインの代理人はクライアントの去就について、「ウィリーにはフレッシュスタートが必要。サクラメントでの彼のキャリアを評価した結果、ここで前に進むべきだという考えに至った」と話している。

「キングスがウィリーにクオリファイング・オファーを提示しないことを願いたい。そうすればウィリーは制限なしのFAになれる」

2015年ドラフトの全体6位指名でキングスに入団したコーリー・ステインは、プロ4年目の昨季に81試合出場でキャリアベストとなる11.9得点、8.4リバウンド、2.4アシストを平均。アップダウンとリムランに強く、パスもそれなりにさばけるので、ハイペースなキングスオフェンスと相性の良いセンターと言える。ただその一方で、スクリーン&ロールの他にハーフコートオフェンスでの武器を持っておらず、守備面ではリムプロテクションやリバウンドが少し頼りない。

▼コーリー・ステインのシーズンハイライト

コーリー・ステインは今夏に制限無しFAになることを望んでいるが、キングスとしてはその要望に応えるべき理由は一つもない。

参考記事:「The Sacramento Bee

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑