ブログ ウルブズ FG成功率

Published on 3月 7th, 2016 | by Tunaパスタ

2

ウルブズが今季リーグ最高のFG成功率68.4%でネッツを撃破

ミネソタ・ティンバーウルブズが現地5日、ターゲットセンターで行われたブルックリン・ネッツ戦で、今季NBA最高かつフランチャイズ史上ベストのフィールドゴール成功率68.4%(76本中52本)を記録するハイレベルなシューティングパフォーマンスを披露した。

試合開始7分で24-10のランを展開する絶好調のスタートを切ったウルブズは、カール・アンソニー・タウンズ、アンドリュー・ウィギンス、ザック・ラビーンの若手スター3選手が合計75得点/17アシストの大活躍でチームを牽引。最初から最後まで1度もリードを譲ることなく、今季球団最多となる132点を叩き出してネッツに圧勝し、連敗を3でストップした。

▼タウンズ

▼ウィギンス&ラビーン

ウルブズのFG成功率68.4%は、ロサンゼルス・クリッパーズが69.3%をマークした1998年3月13日以降でレギュラーシーズン1試合におけるリーグ最高記録。ショットチャートがとても美しい。

ウルブズ 球団記録 ショットチャート

この日は、タウンズが28得点/7アシスト/6リバウンド/3ブロック、ウィギンスが26得点/6アシスト、ラビーンが21得点を獲得。3人ともFG成功率70%以上をマークした。このまま順調に成長していけば、2年後にどれだけ強力なトリオになることやら…。

他には、2本のスリーを沈めたリッキー・ルビオが16得点、10アシスト、7リバウンドのダブルダブルで勝利に貢献。チーム合計の36アシストは、今季ウルブズの最多タイ記録となる。

Image GSankary/Flickr

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ふくさん

    最近の活躍を考えると、ダウンズが今年のルーキーオブザイヤーでしょうかね?

    ポルジンギスは最初が凄かっただけに
    最近、少しインパクトにかける感が・・

    ミネソタはあと1人ルビオ意外のガードがいればさらに面白いチームになるかなーと考えていますが、ティーグかマイケルカーターウィリアムズとかでしょうかね?

    • タウンズの新人王は、カリーのMVP並みに確実ではないでしょうか。ビッグマンとしては、ティム・ダンカン以来の大物新人だと思います。ルーキーシーズンのドワイト・ハワードやアンソニー・デイビス、デマーカス・カズンズをほぼすべてのスタッツカテゴリーで上回っていますからね。それでフリースロー成功率80%以上でスリーも打てるとか、本当に化物です!

      確かにウルブズはルビオの他にもう1人頼りになるPGが欲しいですね。いつもルビオがベンチに下がる時間帯にやられてしまうので。後はそれなりのパワーフォワードがいれば…。

      ただESPNによると、ウルブズはトレードデッドラインにルビオを放出して、バックスからクリス・ミドルトンを獲得しようと猛プッシュしていたみたいです。

Back to Top ↑