ブログ ワールドピース 復帰

Published on 10月 7th, 2015 | by Tunaパスタ

2

メッタ・ワールドピース、20ヶ月ぶりにNBAのコートに復帰

9月にロサンゼルス・レイカーズと1年のノンギャランティー契約を結んだメッタ・ワールドピースが現地6日、ハワイのホノルルで行われたプレシーズンのユタ・ジャズ戦で、約20ヶ月ぶりにNBAの試合に出場した。

2014年2月にニューヨーク・ニックスから解雇された後、2014-15シーズンを中国とイタリアのリーグでプレーしたワールドピース。レイカーズ復帰戦となったこの日の試合で、第1Q5分49秒に初めてチェックインすると、早速その30秒後には、ボールを追いかけてベンチにダイブするワールドピースらしいハッスルプレーをみせた。

 

via Whubwhub/Reddit

ワールドピースは21分の出場で7得点、4リバウンドを記録している。

試合は、第4Q残り28秒にジャズのジェフ・ウィズィーが同点のダンクを成功させ、そのまま延長戦に突入。OTでは、残り時間5秒にロドニー・フッドが2本のフリースローを沈めてリードを3点とし、ジャズが117-114でレイカーズに勝利した。

ジャズは、アレック・バークスがゲームハイの27得点、6アシスト、3スティールでチームを牽引。フッドが21得点、トレイ・バークが15得点、5アシストでそれぞれ勝利に貢献した。

敗れたレイカーズは、ルー・ウィリアムズがチームハイの20得点、ロイ・ヒバートが16得点、11リバウンドのダブルダブルを記録。コービー・ブライアントは、21分の出場で9本中5本のフィールドゴールを成功させ、13得点を獲得している(ハイライト)。

またジュリアス・ランドルは、58%の高いFG成功率で、16得点、5リバウンド、4アシスト、3スティールとオールラウンドに大活躍した。

▼ジュリアス・ランドル、ジャズ戦ハイライト

ヒバートは試合後のインタビューで、「ジュリアス・ランドルはレイカーズの未来。次世代NBAの顔になる。彼のサイズであんなプレーができるとなれば、ポテンシャルは無限大だ。ジュリアスのような選手はこれまで見たことがない」と大絶賛。同じくコービーも、ランドルのことを「奴はザック・ランドルフの体格を持ったラマー・オドムだ」と高く評価した。

Image by Derral Chen/Flickr

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • お茶

    ランドルよかったですねー
    あのサイズでは信じられないキレがありました
    ディフェンダーとしてもドレイモンドグリーンのようになれる可能性があるように思えます
    コービーのハンドリングというかテクニック、パスはやはり超一流。今日のようなプレイが続けばまだまだ戦力です
    メッタの力強さと不器用さは相変わらず笑、4番ならプレイタイム稼げると思います
    懸念はラッセルの怪我ですね、去年みたいなのはもう勘弁です

    • ランドルは想像以上に器用な選手でした。今年こそは怪我することなく、シーズンを終えて欲しいですね。
      コービーもレギュラーシーズンにどんな感じでプレーするのかすごく楽しみです。カーターやピアースのように、徐々に出場時間を減らしつつ、ロールプレーヤーとしての役割を受け入れて、これから3年くらいは第一線で活躍し続けてほしいです。
      MWPは相変わらずですね笑

Back to Top ↑