ブログ プレイヤーズ・オブ・ザ・ウィーク 2018-19 第9週

Published on 12月 19th, 2018 | by Tunaパスタ

0

サディウス・ヤングとハーデンが2018-19第9週のプレイヤーズ・オブ・ザ・ウィーク

NBAが現地17日、2018-19シーズン第9週のプレイヤーズ・オブ・ザ・ウィーク(週間最優秀選手)を発表。インディアナ・ペイサーズのサディウス・ヤングとヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンがそれぞれのカンファレンスで選出された。

2014年1月以来初でキャリア2度目の選出となったヤングは、12月10日から16日の間に出場した4試合で18.8得点、9.8リバウンド、3.8アシスト、1.8スティールを平均し、ペイサーズの週間4勝0敗に大貢献。12日のバックス戦では、24得点/11リバウンド/4アシストを記録しつつ、今季MVP候補のヤニス・アデトクンボ相手に素晴らしい守備を見せてオールラウンダーぶりを存分に発揮した。

ペイサーズからプレイヤーズ・オブ・ザ・ウィークが選ばれるのは、第3週のビクター・オラディポに次いで今季2回目。12月17日の時点でペイサーズは連勝を7に伸ばし、イースト3位に浮上している。

今季初でキャリア通算19回目の受賞を果たしたハーデンは、先週の3試合でリーグ2位の37.0得点、9.3アシスト、7.7リバウンドを平均し、ロケッツを週間3勝0敗に牽引。3試合中2試合でトリプルダブルを達成し、そのうちの1つはキャリア4度目となる50得点TDだった。

今季はなかなか勢いに乗れないロケッツだが、ハーデン自身はMVPに輝いた昨季に引けを取らない数字を残しており、26試合でリーグ最多の31.5得点、8.2アシストを平均している。

▼グリズリーズ戦での30得点TD

2018-19第9週は他に、ウィザーズのジョン・ウォールが3試合で30.3得点、13.3アシスト(リーグ1位)、76ersのジョエル・エンビードが30.3得点、13.8リバウンドを平均して大活躍。ウェスタンカンファレンスでは、ペリカンズのアンソニー・デイビスがリーグベストの37.3得点、12.3リバウンド、サンダーのポール・ジョージが30.3得点で奮闘した。

▼第9週のベスト・クロスオーバー集

参考記事:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑