column キャブス UCLAシール

Published on 7月 27th, 2017 | by Tunaパスタ

4

ベスト・オブ・2016-17: キャブスのハイポストプレイ

クリーブランド・キャバリアーズのオフェンスと言えば、レブロン・ジェイムスとカイリー・アービングのピック&ロールやアイソレーションが印象的だが、他にも確実に得点をあげるためのハイレベルな武器をいくつか持っている。そのうちの一つが、レブロンをハイポストに置いて展開する「UCLAカット」だ。

※以下、『Sporting News』より:

アービングがボールを運び、レブロンがハイポスト、ケビン・ラブがウィング。チャニング・フライとイマン・シャンパートはそれぞれウィークサイドのウィングとコーナーでスポットアップする。ロングレンジに強いビッグ2人がスリーポイントラインの外に出るフォーメーションで、相手のインサイドはがら空きだ。キャブスがこのセットを使うのは、ビッグ3+シューター2人のスモールラインアップ時が多い。

キャブス UCLAカット 1

まずアービングがウィングのラブにパスを出し、そのままゴール下に向かってレブロンとラブの間をカット(UCLAカット)。アービングがフリースローラインを越えるタイミングでラブがハイポストにボールを回すと、レブロンが瞬時にタッチパスを放ち、アービングのレイアップにつなげる。

非常にシンプルなセットだが、レブロンのパスセンス、アービングのフィニッシュ力、そして2人の絶妙なコンビネーションにより威力抜群となる。特に体をサイドラインと平行にしたまま、エルボーから的確なタッチパスを出せるレブロンは凄すぎるの一言。これだけ素早くエクスキュートされると、ディフェンスはなかなか対応できない。

UCLAカットは、サンアントニオ・スパーズのビッグスリー(ダンカン、ジノビリ、パーカー)も得意としていたプレイだ。スパーズの場合は、キャブスのようなクイックパスではなく、カッター(ジノビリ)がディフェンダーをシールするなりしてポジションを確保してからパスを出している。

Image by Erik Drost

参考:「Reddit

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • お茶

    新しいシリーズかな?笑 
    同じカットプレイでも個性でてますね、ジノビリは左手でフィニッシュできるようにゴールに向かって身体の幅ができるように貰ってますけどアービングは両手を使って手早くフィニッシュ
    ただこのアービング騒動のタイミングだといいコンビプレイだけに寂しくなりますね

    • 本当はレギュラーシーズンとプレーオフの間に公開したかった記事なのですが、なんだかんだで後回しにしてしまいました。カイリー騒動があってどうしようかなと思いましたが、せっかくなので…。
      新シリーズというか、昨季で印象的だったチームオフェンスをいくつか取り上げようかなと思っていました。ただ数少ない候補の2つが、レブロンとカイリーのツーマンゲーム(1-3ピック&ロール)がいかに素晴らしいかという記事と、リッキー・ルビオとアンドリュー・ウィギンスのアリウーププレイなので、今となってはちょっと微妙ですね笑

      • お茶

        なるほど笑!自分としてはこういった記事はとても楽しみにしているのでドンドンみたいです
        ルビオとウィギンスのアリウープは鮮やかですよね、ウィギンスのかるーく飛ぶジャンプは美しいです
        ディアウとダンカンインサイド2人がパスを捌けた時のスパーズなど、パスの出どころのが多いチームはみていて楽しいです

  • 名無し

    ジノビリのポジションの取り方とダンカンのパスのタイミングがほんと完璧ですね。

    パーカーがダンカンにパスを入れるタイミングもうまいですし、ほんと綺麗なセットプレーですね。

Back to Top ↑