試合結果 ブルズ キャブス シーズン開幕戦

Published on 10月 28th, 2015 | by Tunaパスタ

5

ガソルが残り3.6秒でレブロンをブロック、ブルズがシーズン開幕戦でキャブスに勝利

現地27日にユナイテッド・センターで行われたシカゴ・ブルズ対クリーブランド・キャバリアーズ戦は、最後のポゼッションで見事なディフェンスを披露したブルズが97-95で勝利。ホームでの2015-16シーズン開幕戦を白星で飾った。

フレッド・ホイバーグHCのNBA公式戦デビューとなったこの日のブルズは、ジョアキム・ノアの代わりに2年目のニコラ・ミロティッチをスタメンビッグとして起用。昨季までよりもオフェンスに力を入れた先発ラインアップで、ミロティッチもコーチの期待に応えるかのごとく前半だけで11得点、最終的にFG成功率54.5%でチームハイ19得点と9リバウンドの大活躍をみせた。

試合は、ブルズの12点リードで迎えた第3Q終盤からキャブスのセカンドユニットが大奮闘し、第4Q序盤で同点。その後、再び主導権を握ったブルズが残り時間1分15秒でリードを8点に広げたが、そこからケビン・ラブの2連続スリーにより、ラスト30秒で1ゴール差の大接戦となる。

残り10秒でボールを奪い返したキャブスは同点のチャンスを手にするも、2015ユーロバスケットMVPのパウ・ガソルがレブロン・ジェイムスのレイアップアテンプトを見事に叩き落とす。

続くキャブスのポゼッションでは、ジミー・バトラーがレブロンへのインバウンドパスを完璧にディナイしてボールをスティール。ブルズはトム・シボドーHC時代に体に染みついたディフェンス力で、昨季イースト王者を退けた。

Q1 Q2 Q3 Q4
CLE 17 23 28 27 95
CHI 26 20 25 26 97

ブルズはミロティッチの19得点の他、デリック・ローズが18得点/5アシスト、バトラーが17得点/2スティールをマーク。ガソルはフィールドゴール7本中1本成功の2得点とオフェンス面で振るわなかったが、合計6ブロックを獲得してディフェンス面で勝利に貢献している。

▼二コラ・ミロティッチ、開幕戦ハイライト

敗れたキャブスは、レブロンがゲームハイの25得点、10リバウンド、5アシスト、FG54.5%を記録。プレシーズン中に注射治療を受けた腰の調子は至って良好そうだったが、ベンチ待機中にサイドラインで横になり体を休める姿なども見られた。

レブロン サイドライン

▼レブロン vs. ローズ

今季から古巣復帰のモー・ウィリアムズは、19得点、7アシストでシーズンを好スタート。肩の怪我から復活したラブはオールラウンドな活躍をみせ、18得点、8リバウンド、4アシスト、2ブロックを記録している。

ラブはだいぶ痩せた?それとも髪型のせいでそう見えるのか…。

またシーズン開幕ギリギリでキャブスと再契約したトリスタン・トンプソンは、2得点/12リバウンドを獲得。リチャード・ジェファーソンは10得点をマークした。なお、カイリー・アービングとイマン・シャンパートは怪我のため開幕戦に出場していない。

▼速攻で誰もレブロンの後を追わないキャブス
(via sqectre

この日のユナイテッドセンターには、大のブルズファンとして知られるバラク・オバマ大統領が観戦に訪れていた。

次にブルズは現地28日にブルックリン・ネッツと、キャブスは同じく28日にメンフィス・グリズリーズとそれぞれ対戦する。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Mason P

    大統領見に来てたらシカゴ負けるわけにいかんもんなぁ。しかし、Tunaさん、さらっと動画を掲載してますが、レブロンの速攻に誰もついていかないってどうなんですかねぇ。仮に学生がこんなプレーしたらコーチにしこたま大目玉くらうっていうぐらいの基本的なパターン動作のような気が…

    • 36s

      レブロンの速攻はかなり内部状況の悪さがでてますね。
      プレシーズンも負けまくりだったのはこういったところが影響してるのでしょう。
      カイリー復帰で流れが変わればいいんですけど。

    • CAVS! GOGO!

      これは観てて酷かったですね^_^イラっときましたよ
      開幕戦でまだ良かったのが不幸中の幸いだけど
      モー・レブロンは良かったのにJR・ラブはもっとしっかりしないと
      TTは・・・・・

    • やはりレブロンだから絶対に決めてくれる、という甘えがあったのでしょうか。完全に手抜きです。最低でも一番前にいたスミスは絶対にトレイルするべきですね。ガソルでさえ戻ってるのに…。

  • 控えのビッグがノア&ギブソンとかシカゴはフロントコートの層が厚すぎですね。シーズンが進むにつれてどんな風に出場時間を配分するのか見物です。

Back to Top ↑