試合結果 プレシーズン開幕戦 クリッパーズ

Published on 10月 4th, 2015 | by Tunaパスタ

4

デアンドレ・ジョーダンがプレシーズン開幕戦でダブルダブル

今年もNBAプレシーズンがついにスタート!!!開幕1試合目となった現地2日のロサンゼルス・クリッパーズ対デンバー・ナゲッツ戦は、ホームのクリッパーズが103-96で勝利した。

この日のクリッパーズは、オフに大型契約を手にしたデアンドレ・ジョーダンが15得点、12リバウンド、3ブロックでチームを牽引し、第3Q終了までに19点の大量リードを獲得。第4Qにナゲッツの猛反撃を食らい、ラスト2分で3点差にまで詰め寄られるも、ジョシュ・スミスがクラッチタイムに2本のフィールドゴールを決め、何とか逃げ切った。

▼デアンドレ・ジョーダン、プレシーズン開幕戦ハイライト

クリッパーズは、ジョーダンのダブルダブルの他に、クリス・ポールが12得点/9アシスト、ブレイク・グリフィンが11得点を記録。その一方で、即戦力として大きな期待がかかる新顔のジョシュ・スミス、ランス・スティーブンソン、ポール・ピアースの3人は、合計でフィールドゴール成功数が27本中8本(FG29%)と、オフェンス面でいまいち振るわなかった。

▼ピアース&スミス&ランスのLACデビュー戦

ナゲッツは、控えフォワードのジョフリー・ラバーンが10本中7本のシュートを成功させ、ゲームハイの16点、11リバウンドをマーク。ウィル・バートンが12点/13リバウンド、ニコラ・ヨキッチが14得点/8リバウンドをそれぞれ獲得している。

他には、2015年ドラフト7位指名のエマニュエル・ムディエイが、32分の出場で14得点と奮闘したものの、やはり初戦からクリス・ポールとのマッチアップは荷が重かった様子だ。ディフェンス面でLACのピック&ロールに苦しめられまくった一方、オフェンス面ではCP3を何とか交わせたとしてもジョーダンに潰されるというパターン。その結果、FG成功率27.8%、8ターンオーバーに終わり、ルーキーにとってNBAの厳しさを知る試合となった。

▼CP3 vs. ムディエイ

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • CAVS! GOGO!

    あれ、確か練習はしていくけどフォーム等は変えないっていう意味じゃないんですか?
    確か公式?のインタビューの中でフリースローの練習してるって言ってましたし
    DJはフォームは綺麗だけど何故か外れる不思議な選手なんですよね。
    でも今回の試合でフリースロー確かちゃんと決めてましたし心配しなくても大丈夫だと思いますよ^_^

    • ゆうき

      そうなんですか!Σ( ̄□ ̄;)それは失礼しましたm(._.)m。そうですね。フォームはきれいなんですけどねーなぜかまったく入らないんですよね、らリングに届かないともありますし(笑)

  • CAVS! GOGO!

    いやーまだまだ噛み合ってないけど少なくともPSでよくある気の抜けた試合ではなかったのは良かったです^_^
    ムディエイはまだまだ発展途上だけど成長するとウォールみたいになりそうだな^_^
    ただ一つ気になったのはDJがミドルからスリーポイントラインに居てる時間が多かった事ですね

  • くりあたま

    こういう鳴り物入りの新人がリーグのトッププレイヤーにプロの洗礼を与えるエピソードはすごく好き

Back to Top ↑