プレイオフ ジノビリ決勝ゴール スパーズ対ウォリアーズ第1戦

Published on 5月 7th, 2013 | by Tunaパスタ

0

ジノビリがダブルOTで決勝ゴール、スパーズがホームでウォリアーズに辛勝

6日に行われたウェスタン・カンファレンス準決勝のスパーズ対ウォリアーズ第1戦。ダブルオーバータイムに渡る死闘の末、スパーズが129対127でウォリアーズに勝利した。

ウォリアーズの4点リードで迎えた後半。ステファン・カリーが第3Qだけで22得点をスコアし、試合は一気にウォリアーズのペースとなる。第4Q残り4分の時点で、スパーズが16点差を追いかける形となった。

▼カリーの第3Qのパフォーマンス。とにかくシュートが入る!

観客席でも諦めムードが漂いはじめたが、そこからスパーズが18-2のランでまさかのカムバックを展開。残り時間20秒では、ダニー・グリーンが同点の3ポイントを決め、試合を延長戦にまで持ち込んだ。

▼スパーズ怒涛のカムバック

延長戦に入っても決着はつかず、試合はダブルOTに突入。最初はスパーズが優位に立つも、最後の1分でウォリアーズが6連続得点をあげ、残り3.9秒で逆転する。だがその直後のポゼッションで、マヌ・ジノビリが決勝点となるスリーポイントを決め、スパーズを逆転勝利に導いた。

▼ジノビリの決勝スリー

最後のプレーだが、ウォリアーズのディフェンスに完全なミスコミュニケーションが生じている。スクリーンの際に、ディフェンダーが2人ともパーカーについてしまった。その結果、ジノビリがノーマークに…。

スパーズ対ウォリアーズ第1戦

Via Yahoo!Sports

試合後、決勝シュートを決めたジノビリは、「最後のプレーは、パーカーかディアウにまわるはずだった。僕はオプションですらなかった。スクリーンをかけるだけで、後はどいてろって言われていたんだ」と語った。最後のプレーは、スパーズにとっても予定外のものだったらしい。

第4Qの時点でほぼ勝ちを掴みかけていたウォリアーズにとっては、非常に口惜しい負け試合となった。ちなみにウォリアーズは1997年以来、1度もスパーズのホームで勝利を収めたことがない。

Thumbnail:「NBA – YouTube

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑