試合結果 カール・アンソニー・タウンズ プレシーズン

Published on 10月 8th, 2015 | by Tunaパスタ

6

ドラフト1位のタウンズがプレシーズンデビューで18得点、復帰戦のデュラントは15得点

現地7日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズ対オクラホマシティー・サンダー戦は、2014年MVPのケビン・デュラントが約8ヵ月ぶりに試合復帰。同時に、2015年NBAドラフトでウルブズから1位指名を受けたカール・アンソニー・タウンズのプレシーズンデビュー戦ともなった。

試合は、サンダーが最初の12分間に19本中15本のフィールドゴール成功させるホットスタートを切り、第1Qだけで42-28の14点リードを確保。そこから1度もウルブズに逆転を許すことなく、122-99で圧勝を収めた。

▼ケビン・デュラント、復帰戦ハイライト

2月19日以来の試合出場となったデュラントは、22分のプレータイムで15得点、4アシスト、FG成功率62.5%をマーク。昨季にエース不在のサンダーを引っ張ったラッセル・ウェストブルックは、同じく22分の出場で14得点、13アシスト、8リバウンドとトリプルダブルに近い活躍をみせた。さらに、サージ・イバカが18得点(FG成功率66.7%)、イネス・カンターが16得点(FG成功率80%)で勝利に貢献している。

敗れたウルブズは、タウンズがFG成功数12本中8本でチームハイタイの18得点を獲得。ゴルグイ・ディエングが同じく18得点をマークした他、2015年ユーロリーグMVPのネマニャ・ビエリツァが11得点、5リバウンドを記録した。

▼カール・アンソニー・タウンズのプレシーズンデビュー

▼ネマニャ・ビエリツァ

なお、この日のサンダーはチーム合計で34アシストを記録。ビリー・ドノバン新HC指揮下の初試合ながら、昨季の球団シーズンハイ(31アシスト)をすでに上回った。2008-09シーズンにオクラホマシティへと移転して以降のサンダーが、1試合で34アシスト以上を記録したのは、レギュラーシーズンとプレーオフを含めてわずか2試合しかない。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ゆうき

    おお……ついにKD,西ブルの1on1ばっかりの戦術だった以前のサンダーから脱皮しましたか……新HCはどうやら期待しても良さそうですね(^_^)あ、でもサンダーまで強くなると西がヤバイな……GSW SAS OKC LAC
    今年のウエスタンはこの4強でほぼ決まりですかね?ちょっと熊とロケッツは4強には食い込めないかな……どうだろう?

    • プレシーズンでのサンダーはボールが動いていますね。恐ろしいです…。
      個人的に今季ウェストのレギュラーシーズンは、GSW、OKC、HOU、LAC、SASの順位になるような気がしています。グリズリーズは昨季よりも強くなるようには感じませんし、他に上位に食い込めそうなチームもいません。
      特にロケッツは選手層の厚さが強みだと思います。昨季も怪我だらけのロスターで56勝+WCFにいきましたからね。

  • 36s

    ハイライトみただけですけどサンダーかなりいい感じですね。
    怪我がなければ前半戦いっきに抜けるかもしれません!!

    • サンダーはここ数年で運が悪すぎたので、今年こそはフルパワーでシーズンを終乗り切られるよう願いたいです。

  • AI

    デュラント無理はするな…無理はするな…
    万全の体調でLALに来るんだ…
    俺は、俺は信じてるぞ

    • デュラントのFAは、今季サンダーの成績に大きく左右されそうですね。もし優勝もしくはファイナルまでいければ、チームを去る理由はありませんし、反対に第1ラウンド敗退などということになれば移籍の可能性もありかと

Back to Top ↑