試合結果 コービー 30得点

Published on 12月 3rd, 2015 | by Tunaパスタ

2

コービーが今シーズン初の30得点超え

現地2日にベライゾンセンターで行われたロサンゼルス・レイカーズ対ワシントン・ウィザーズ戦は、コービー・ブライアントが10本のFG成功で自己シーズンハイの31得点を獲得。1ゴール差で迎えたラスト1分には2連続でフィールドゴールを決め、レイカーズを今季3勝目に導いた。

第1Qだけで32点をスコアして12点リードを奪ったレイカーズに対して、ウィザーズはじわじわと点差を詰めていき、後半開始間もなくで逆転。その後は1~2ゴール差の大接戦が続き、ウィザーズの1点リードで迎えた残り時間1分からコービーがステップアップした。

それにしても敵地なのにレイカーズファンが多い。残り30秒でコービーのジャンプショットが決まった際は、まるでホームゲームのような大歓声が送られた。

コービーが30得点以上を記録したのは、2014年12月9日のキングス戦以来初。キャリア通算では、歴代最多4位記録の426回目となる。またBasketball Referenceのデータによると、コービーは37歳以上で30点ゲームを達成した史上20人目のプレーヤーとなった。

Q1 Q2 Q3 Q4
LAL 34 23 21 30 108
WAS 22 29 24 29 104

レイカーズは他に、ジュリアス・ランドルが15得点とキャリアハイの19リバウンドをマーク。ジョーダン・クラークソンが18得点、デアンジェロ・ラッセルが13得点をそれぞれ記録している。

敗れたウィザーズは、ジョン・ウォールがゲームハイの34得点、11アシストを獲得。第4Qだけで15得点の大奮闘をみせチームを引っ張ったが、勝利にはあと一歩届かなかった。

▼ジョン・ウォール

これでウィザーズは7勝9敗でイースト12位。前日の試合ではキャブスに今季ホーム初黒星を与えたかと思えば、その翌日に本拠地でレイカーズに敗れたりと、なかなか調子が安定しない。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ゆうき

    やったー(σ≧▽≦)σ久々に『コービー』をみたきがする!願わくばこの調子がずっと続いてほしいですね!

    • ラスト1分は久々にブラック・マンバが顔を出しました!!コービーがクラッチタイムに活躍するのは嬉しいですね。
      ただもう少し出場時間を抑えてくれれば、と思います。このペースだとシーズン後半までもたないような…。バイロン・スコットHCにその決断を下せる権限と肝っ玉がないのが残念です。

Back to Top ↑