試合結果 コービー 30点

Published on 12月 23rd, 2015 | by Tunaパスタ

6

レイカーズが前半20点ビハインドからナゲッツに逆転勝利、コービーは今季2度目の30点超え

現地22日にペプシ・センターで行われたロサンゼルス・レイカーズ対デンバー・ナゲッツ戦は、前半の大量得点差からカムバックしたレイカーズが111-107で勝利。連敗を2でストップし、今季5勝目を挙げた。

View post on imgur.com

ウィル・バートンの大活躍により序盤からナゲッツに主導権を握られ、第2Q残り2分で21点ビハインドに陥ったこの日のレイカーズだが、そこから攻守共に大きく立て直して反撃を開始する。

8連続得点でハーフタイムまでに13点差に追い上げると、第3QはナゲッツのクォーターFG成功率を30%に抑える好ディフェンスを展開する一方で、コービー・ブライアントが7得点、4アシストのオールラウンドゲームでオフェンスを牽引し、後半開始から10分で逆転に成功。第4Qはそのまま1~2ゴール差を争う大接戦となったが、レイカーズの5点リードで迎えた残り時間32秒に、コービーがアイソレーションからターンアラウンド・フェイダウェイを沈めて7点差とし、レイカーズの勝利を決めた。

Q1 Q2 Q3 Q4
LAL 26 25 32 28 111
DEN 34 30 16 27 107

この試合でコービーは、今季自己最多タイとなる31得点、さらに5アシスト、FG成功率45%をマーク。12月2日のウィザーズ戦に続いて、シーズン2度目の30点ゲームを達成した。プロ20年目にしていまだにダブルチームを引きつけられるというのはさすがだ。

開幕から最初の17試合では15.9得点、3.2アシスト、FG29.6%という酷い数字を記録していたコービーだが、ここ7試合では20.6得点、4.1アシスト、FG48.2%と大幅にパフォーマンスが改善している。

なお、キャリア20シーズン目で30得点以上を獲得した選手は歴代NBAでコービーのみ。そもそも現役を20年以上続けられるケースが極めて稀で、コービー以外ではカリーム・アブドゥル・ジャバー、ケビン・ウィリス、ロバート・パリッシュ、ケビン・ガーネットの4選手しかいない。

レイカーズは他に、ジョーダン・クラークソンが19得点/8リバウンド、ルー・ウィリアムスが17得点で勝利に貢献。ナゲッツはベンチ出場のウィル・バートンがチームハイの25得点を記録した。

▼ウィル・バートン

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ゆうき

    アウェイだとゆうのに相変わらずすごい歓声ですね。この調子だと40点台も期待できますかね?笑 それとレイカーズとは関係ないですけどクリッパーズは調子がいまいちですね。やはりSASに勝った昨季がラストチャンスだったのでしょうか?

    • もしかすると40点超えもあるかもですね。ジョーダンも38歳で51得点を取ったことがありましたし(しかもスリー0本で!)。絶好調の日に30本~打てれば可能かも…。
      クリッパーズはなかなか安定しませんね。どこかで調子を上げてくるとは思いますが、昨季よりも戦力アップしているかといわれれば、今のところ?マークです。それからCP3がわずかながら衰えてきたのかなと。それでもまだまだリーグのトップPGであることに変わりはありませんが。

  • kobe24

    Lakersは才能ある選手が揃っているが故にアイソレーションからのone on oneが多すぎる。ディフェンスはシューターに対してチェックもいかずに甘々で、オフェンスでいかに自分が目立つかしか考えられていない。あれだけのメンツがいる中で今季5勝最下位も納得です。毎回のオフェンスポゼッションを見てもらえればわかると思いますが、ボールが全く回っていない。ほぼ個人技で展開している。四六時中バスケットに時間を割いているプロが展開するバスケットには思えない。バイロンスコットは試合中選手に指導もできずにただ無口に立っているだけ。ただただ見ていて悲しいです。

    • 今季のレイカーズはディフェンスがボロボロですね。特にトランジションDが酷いです。

      それからおっしゃる通り、オフェンスもボールが動かないですね。NBAのスタッツによると、今季レイカーズはリーグで最もアイソレーションが多いチームとなっています。キャブスやサンダーよりもはるかに多いです。にもかかわらず、アイソレーションでの1ポゼッションにおける平均得点が0.71点で、シクサーズと並び得点効率がリーグ最下位となっています。デュラントやウェストブルック、レブロンといった優秀なスコアラーが1人もいないのにアイソを多用してしまったら、確実に機能しませんよね。オフェンスでボールが回ってこないというのは、ディフェンスの士気にも影響すると思います。

      やはり問題は、今のレイカーズにオフボールで動けたり、パスがさばけたりする選手がほとんどいないところでしょうか。1人の選手がアイソを始めると完全にチームの足が止まってしまいます。

      コービーのラストシーズンがレイカーズのワーストシーズンというのは少し悲しいですね。

  • かーめろたけそにー

    二十年目でもコービーは『コービー』ですね!このまま怪我なく、『コービー』のまま引退して欲しいです!

    • アウェイでもコービーコールを巻き起こさせるカリスマ性はさすがですね。怪我だけはせずに最後のシーズンを終えて欲しいです。

Back to Top ↑