Published on 3月 6th, 2013 | by Tunaパスタ

レイカーズ、サンダーに完敗で勝率5割超えならず

シーズン序盤にくらべ、だいぶ調子が上がってきたように思える最近のレイカーズ。そろそろトップチームにアウェイで勝利して勢いをつけたかったところだが、そう簡単にはいかなかった。

5日に行われた、ロサンジェルス・レイカーズ対オクラホマ・シティー・サンダーの試合。終始サンダーがリードする展開となり、122対105でレイカーズに圧勝。ウェスタンカンファレンス王者の強さを存分に見せつけた。

サンダーのPG、ラッセル・ウェストブルックが37得点、10リバウンドの大活躍。サンダーは前半だけで71得点を獲得し、ゲームを通してのターンオーバーはたったの2つしかなかった。エースのケビン・デュラントは、シュート成功率がやや低めだったものの26得点をマーク。

一方のレイカーズは、コービーが第1Qに右ひじを故障し一時退場。間もなくゲームに復帰し、最終的に30得点をマークした。さらにスティーブ・ナッシュもシーズンハイとなる20得点を獲得。第4Q中盤にレイカーズは5点差まで詰め寄るも、残り6分14秒からフィールドゴールがいっさいなし。その間にサンダーが12得点をあげ一気にゲームをクローズした。

レイカーズは今回の負けで、再び勝率5割以下に落ち込んでしまった。現在ウェスト8位のユタ・ジャズとのゲーム差はこれで2.5試合。いよいよ負けられなくなってきた。

Video&Thumbnail:「youtube.com/watch?v=iK-zBMzQJL4

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑