試合結果 スパーズ ナゲッツ

Published on 3月 30th, 2015 | by Tunaパスタ

3

レナードの第4Qテイクオーバーでスパーズがグリズリーズに勝利

現地29日に行われたメンフィス・グリズリーズ対サンアントニオ・スパーズ戦は、リバウンド数で相手を圧倒したスパーズが103対89で勝利した。

試合は、スパーズの4点リードで迎えた第4Qに、昨季ファイナルMVPのカワイ・レナードがゲームをテイクオーバー。第4Q開始から4分30秒で6本中6本のフィールドゴールを沈め、15連続得点を挙げる大活躍をみせる。リードを10点に広げたスパーズは、その後も二桁台の点差を保ったままホームで快勝を収め、グリズリーズとのシーズンシリーズを2勝2敗の引き分けとした。

▼レナード、グリズリーズ戦ハイライト

この日のレナードは、ゲームハイの25得点と10リバウンドでダブルダブルを獲得。他にもトニー・パーカーが17得点、ティアゴ・スプリッターが15得点をそれぞれ記録し、勝利に貢献している。

この試合でスパーズはグリズリーズに1度もリードを許しておらず、ペイントエリア内の得点が54対44、リバウンド数が48対34と、マーク・ガソル/ザック・ランドルフのフロントコートを相手にインサイドを支配した。

▼スプリッタ-、Z-Bo相手にナイスディフェンス+速攻
(via TimDuncanTheAlmighty

▼この日は運も味方
(via TimDuncanTheAlmighty

▼パーカー→スプリッター
(via TimDuncanTheAlmighty

この敗北により、グリズリーズは約2ヵ月ぶりにウェスト3位に転落。現在ウェスタンカンファレンスのプレイオフシードは、2位のロケッツから6位のスパーズまでがわずか3ゲーム差という大混戦となっている。

▼ウェスト2位から6位

チーム ゲーム差 過去10戦
2 ロケッツ
(50勝23敗)
0 7-3
3 グリズリーズ
(50勝24敗)
0.5 5-5
4 ブレイザーズ
(47勝25敗)
2.5 5-5
5 クリッパーズ
(49勝25敗)
1.5 8-2
6 スパーズ
(47勝26敗)
3 7-3

やや不調気味のグリズリーズやブレイザーズとは反対に、下位シードのクリッパーズやスパーズが大きく調子を上げているので、どのチームがホームコート・アドバンテージを勝ち取るのか最後までわからなさそうだ。

Photo: Mark Runyon |BasketballSchedule.net

ボックススコア:「NBA/Stats

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑