プレイオフ ナゲッツ対ウォーリアーズ 第1戦

Published on 4月 22nd, 2013 | by Tunaパスタ

0

【プレイオフ】ナゲッツ対ウォーリアーズ第1戦: ベテランのミラーが決勝ゴール

西地区プレイオフ、第3シードのナゲッツ対第6シードのウォーリアーズの第1戦。アンドレ・ミラーが残り1秒で決勝ゴールを決め、ナゲッツが接戦を制した。

ナゲッツ対ウォーリアーズ 第1戦1

スクリーンショット:YahooSports

オフェンス力に定評があるチーム同士がぶつかるこのシリーズ。ランアンドガンのハイスコアゲームが予想されたが、第1戦は両チームともに緩慢なプレイが目立つ展開で試合は進んでいく。

そんな中、ベテランのミラーが大奮闘。内から外から得点を重ね、なかなか調子が上がらないナゲッツをほぼ一人で引っぱった。

そしてナゲッツが3点リードで迎えた第4Q残り20秒。ウォーリアーズのステファン・カリーがコーナーからのスリーポイントを決め、試合をふりだしに戻した。

ここでなんとしてもゲームを終わらせたいナゲッツは、絶好調のミラーに最後のプレイを託す。ミラーはその期待に見事答え、残り1.3秒で決勝点となるレイアップを決めた:

この日のミラーは、出場時間27分で16本中11本のシュートを決め、ゲームハイの28得点をマーク。試合後のインタビューで、 「これまで一度も決勝ゴールを決めたことはなかった」と語った。ミラーが13年間のNBA人生を通してウイニングショットを決めたのは、なんと今回が初だったらしい。

一方のウォーリアーズは、エースのカリー絶不調の中、最後まで食らいついたにもかかわらず、非常に口惜しい負け方を喫してしまった。さらに、チーム主力のデビッド・リーが怪我で途中退場しており、この先のシリーズにも不安が残る。

※追記 – 22日

MRI検査の結果、デビット・リーの怪我は右足の股関節屈筋損傷であることが判明。プレイオフからの離脱が決定した。報道によると、復帰のタイムテーブルは、約3ヶ月とされている。

今季のリーは、18.5ポイント、11.2リバウンドを平均。チームの大黒柱として活躍してきた。残念すぎる…。

Thumbnail:「NBA – YouTube」

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑