試合結果 %e3%83%ad%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%84-8%e9%80%a3%e5%8b%9d

Published on 1月 10th, 2017 | by Tunaパスタ

2

ロケッツがラプターズを破り8連勝、ハーデンは今季10回目のTD

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンが、現地8日にエア・カナダ・センターで行われたトロント・ラプターズ戦で40得点、11アシスト、10リバウンドをマークして、今季10度目のトリプルダブルを達成。ロケッツは第3Qの13点ビハインドから逆転して連勝記録を8に伸ばし、ウォリアーズ、スパーズに続いて、今季30勝に到達した3番目のチームとなった。

▼キャリア通算19回目のTD

▼2016-17トリプルダブルリーダー(1月8日現在)

プレーヤー チーム TD
ラッセル・ウェストブルック サンダー 17
ジェイムス・ハーデン ロケッツ 10
レブロン・ジェイムス キャブス 3
ヤニス・アデトクンボ バックス 2
ジュリアス・ランドル レイカーズ 2
ドレイモンド・グリーン ウォリアーズ 2

ラプターズ戦でのハーデンは、圧倒的なパフォーマンスを見せつける一方で、ややミスも多く、10ターンオーバーを記録。Elias Sportsによると、ターンオーバーがNBAの正式なスタッツとなった1977-78以降で、40得点トリプルダブル+10ターンオーバーのクアドルプル・ダブルが記録されたのは初めてだという。

この日のロケッツの勝利には、ハーデンのTDの他にも、セカンドユニットの活躍が大きかった。第1~3ピリオドの大部分でラプターズにペースを握られていたロケッツだが、ハーデンの第3Qブザービータースリーをきっかけに猛反撃を展開。第4Q開始から3分間でハーデンのいないラインアップが15-0のランを仕掛けて、一気に二桁リードを奪うと、その後はラプターズを2ゴール差位以内に近寄らせず、そのまま逃げ切った。

ロケッツのベンチは、モントレズ・ハレルが13本中12本のFG成功で28得点、エリック・ゴードンが19得点をマーク。スターターでは、トレバー・アリーザが5本のスリーを沈めて17得点をあげている。

▼モントレズ・ハレル

今季を6勝5敗でスタートしたロケッツだが、パトリック・ビバリーが11月半ばに復帰してから快進撃を続けており、直近28試合ではリーグトップとなる24勝4敗の好成績を収めている。

2連敗となったラプターズは、デマー・デローザンがチームハイ36得点、デマーレ・キャロルが26得点で奮闘した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • お茶

    こんなシーズン過去にあったんでしょうかね
    得点力のある選手がトリプルダブルを連発していてそれも二人も!
    ハーデンのMVPも確率が高くなってきました、チームの完成度的にもサンダーを上回っていますし
    これからのウエストブルックとハーデンのシーズンが楽しみです

    • スタッツ的にこんなシーズンは記憶にないですね。ハーデンとウェストブルックはTDが当たり前のようになってきました。今年はロケッツがこのままウェスト3位以上を維持できればハーデンがMVPを取りそうですね。

Back to Top ↑