試合結果 シクサーズ 逆転勝利

Published on 10月 9th, 2015 | by Tunaパスタ

2

シクサーズがラスト30秒で7点差をひっくり返しキャブスに逆転勝利

フィラデルフィア・76ersが、現地8日に行われたプレシーズンゲームでクリーブランド・キャバリアーズを相手にエキサイティングな逆転劇をやってのけた。

試合は、序盤から終盤まで主導権を握ったキャブスが第3Q終了時点で15点の大量リードをつけるも、第4Qに入ってからシクサーズが猛反撃を展開する。33-25のランで残り時間30秒までに7点差に詰め寄ると、そこから3点プレーと2本のフリースローを立て続けに成功させて2点ビハインド。そして残り1.3秒に、スコッティ・ウィルベキンがこの日最初のシュートアテンプトで逆転決勝ゴールとなるスリーポイントシュートを沈めた。

シクサーズは、2年目フォワードのジェラミ・グラントが、チームハイの19得点をマーク。ナーレンズ・ノエルが10得点、15リバウンドのダブルダブルを記録した他、膝の痛みで出場時間が20分に制限されたルーキーのジャリル・オカフォーは12得点を挙げた。

▼ジャリル・オカフォー、キャブス戦ハイライト

キャブスは、16本中13本のフリースローを沈めたジャレッド・カニングハムがゲームハイの31得点、FG成功率80%と奮闘。先発出場したマシュー・デラベドバは、26分で13得点、5アシストを獲得している。

なおこの日のキャブスは、レブロン・ジェイムスやケビン・ラブをはじめとするスタメン全員が欠場した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • AI

    昨シーズンのFINALでも思ったけれど
    終了間際の3Pはファウルをしないのを優先して
    無理な体勢でなら打たせる傾向にあるね
    これは意思疎通のミスだけど

    • リードが3点で相手のタイムアウトが残っていない状況ならばファウルが良策ですが、今回の場合は難しいですよね。

Back to Top ↑