試合結果 カワイ・レナード キャリアハイ

Published on 10月 29th, 2015 | by Tunaパスタ

9

スパーズがレナードのキャリアハイ32得点も開幕戦でサンダーに敗北

現地28日に行われたオクラホマシティー・サンダー対サンアントニオ・スパーズの2015-16シーズン開幕戦は、攻守ともにハイレベルなせめぎ合いの末、ホームチームのサンダーが112-106で勝利。ラッセル・ウェストブルックがゲームハイの33得点、10アシストのダブルダブルでチームをリードした。

最後まで1ゴールを争う大接戦となったこの日の試合は、スパーズの2点リードで迎えた第4Q残り2分30秒から、ディオン・ウェイターズが2ポゼッション連続でジャンプショットを沈め、サンダーが逆転に成功。ウェストブルックとケビン・デュラントがフロアにいるクラッチタイムに、まさかのウェイターズ…。ラスト5分でのサンダーは、ピック&ロールやアイソレーションを使って徹底的にトニー・パーカーを攻めた。

続いてウェストブルックのコーナースリーにより、残り時間54秒でサンダーの5点リード。スパーズは、カワイ・レナードの3点プレーで2点差にまで詰め寄ったが、逆転を狙った残り20秒でのポゼッションで、セットプレーをうまくエクスキュートすることができなかった。

Q1 Q2 Q3 Q4
SAS 27 28 28 23 106
OKC 29 21 29 33 112

サンダーはウェストブルックの33得点の他、2月以来の公式戦復帰となったデュラントが22得点を記録。ベンチ出場のエネス・カンターは24分の出場で15得点、16リバウンド、FG63.6%をマークした。

▼ラッセル・ウェストブルック、開幕戦33得点

▼D.J&アダムスのアリウープ
(via Splash2ndcousin

スパーズは、レナードがレギュラーシーズン自己ベストとなる32得点と8リバウンド、3スティール、2ブロックを記録。ディフェンス面でデュラントをFG成功率31.6%に抑えながら、オフェンスではポストアップやドライブ、オフスクリーンのキャッチ&シュートなど、幅広い攻撃パターンを披露してチームを引っ張った。

▼カワイ・レナード、レギュラーシーズンキャリアハイ

また、マヌ・ジノビリとボリス・ディアウのベテランコンビも、セカンドユニットの原動力として活躍。ジノビリが11得点/7アシスト/2スティール、ディアウが9得点/6アシスト/2スティールをそれぞれ獲得している。

スパーズとしての公式戦デビューとなったラマーカス・オルドリッジは、32分の出場で11得点、5リバウンド、FG成功率33%とやや精彩を欠いた。前半は悪くなかったが、後半はFGアテンプト7本の2得点と苦戦。また、ローポストでミスマッチを攻めるチャンスを手にしても、ボールが回ってこないという場面が何度かあった。

チーム全体をみると、スターターはボールの動きがやや鈍かったものの、ゲームを通して素晴らしいディフェンスを披露。反対にセカンドユニットは明らかにディフェンスが弱点だったが(特にウェスト&ディアウラインアップのリバウンド)、オフェンス面ではスパーズらしい見事なパス回しをみせた。

▼スパーズバスケットボール

 

アシスト数(フィールドゴール45本成功に対して22アシスト)と3Pアテンプト数(15本)の少なさがちょっと気になるところだが、ホームのサンダーを相手にFG成功率48%で106点をスコアし、試合の大部分でリードを保てたというのは上出来だ。次の試合は、現地30日に本拠地で行われるブルックリン・ネッツ戦となる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑