試合結果 ウォリアーズ サンズ

Published on 12月 18th, 2015 | by Tunaパスタ

1

トンプソンの第3Q27得点とグリーンのトリプルダブルでウォリアーズがサンズを蹂躙

クレイ・トンプソンがスリー8本成功でシーズンハイの43得点を記録し、ドレイモンド・グリーンが16得点、11リバウンド、10アシスト、5スティールのトリプルダブルを獲得。ステファン・カリーもカリーなパフォーマンスを披露して、18日ぶりのホームゲームに燃えるゴールデンステイト・ウォリアーズが、オラクルアリーナでフェニックス・サンズを完膚なきまでに叩きのめし、今季成績を25勝1敗に伸ばした。

第2Q残り5分の時点ではサンズが4点差でリードしていたこの日の試合だが、そこからウォリアーズが第3Q終りにかけての17分間で67-23の怒涛のランを展開。まずカリー、トンプソン、グリーンの8本連続フィールドゴールでハーフタイムまでに13点リードを奪うと、第3Qには覚醒したトンプソンがクォーター27得点をスコアする…。

この間にトンプソン、カリー、グリーンの3選手は、9本のスリーを含む32本中23本のシュートを成功させ、チーム67得点中65得点を獲得。さらに最初の3クォーターを通して、カリーとトンプソン2人の得点(68点)がサンズのチーム得点(65点)をアウトスコアする形となり、第3Q終了時点で40点差を奪うという圧倒的なオフェンス力を見せた。

ゾーンに入った時のウォリアーズは不自然なほどに強すぎて、ただただ笑いがこみ上げてくる。なお第3Qの46得点は、今季リーグの最多クォーター得点だ(2位もウォリアーズで12月8日ペイサーズ戦第1Qの44点)。

▼第2Q5:00~第3Q0:00、ウォリアーズショットチャート

ウォリアーズ サンズ戦 第2Q~第3Qショットチャート

ウォリアーズがアクセル全開でショットを沈め始めると、大抵のチームはつられてペースを上げてしまう傾向にある。この日のサンズもそうだった。スリーにはスリーで、ファーストブレイクにはファーストブレイクで真っ向から対抗しようとするのだが、これが大きな間違いだ。トランジションやアウトサイドショットの質が違いすぎて、アップテンポなゲームを得意とするサンズでもまったく相手にならない。次第にウォリアーズのラン&ガンについていけなくなり、ディフェンスがボロボロになってしまう。

Q1 Q2 Q3 Q4
PHX 28 18 19 38 103
GSW 26 33 46 23 128

ウォリアーズは、トンプソンの43得点の他に、カリーが14本中10本のFG成功で25得点、7アシストをマーク。また、グリーンがトリプルダブルを獲得するのは今季すでに4度目で、キングスのレイジョン・ロンドと並ぶリーグ最多記録となる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • とりまる

    今季は、ロンド、グリーンが毎日のように、入れ替わり立ち替わりトリプルダブルを記録していますね(笑)
    グリーンのオールラウンドさは恐ろしい…
    この試合も、グリーンのピックから、カリーのクリエイティブなアシストが見受けられました。
    こうなるとスパーズも、レナードをカリーに当てるだけでは対処出来ませんね…

Back to Top ↑