News アルビン・ジェントリー ペリカンズ

Published on 5月 31st, 2015 | by Tunaパスタ

1

ペリカンズの新ヘッドコーチはアルビン・ジェントリーに

どうやらニューオーリンズ・ペリカンズは、チームの新HCとしてゴールデンステイト・ウォリアーズのアシスタントコーチであるアルビン・ジェントリーを選んだ模様。ESPNのMarc Stein氏が報じている。

報道によると、ジェントリーは今季プレーオフが終了するまで現職に留まるとのこと。正式発表はその後になるとみられる。ジェントリーが選ばれた理由は、ペリカンズをアップテンポなオフェンスチームに生まれ変わらせるためだという。

NBAのデータによると、2014-15シーズンのペリカンズは、オフェンスのペース(48分あたりのポゼッション数)が93.7でリーグ27位。1試合の平均ファーストブレイク得点も10.7点でリーグ24位と、比較的アスレチックなロスターながら非常にスローなチームだった。

1994-95シーズンにマイアミ・ヒートでHCデビューしたジェントリーは、これまでにデトロイト・ピストンズ、ロサンゼルス・クリッパーズ、フェニックス・サンズ(2009-13)の4チームを指揮。12シーズン通算で335勝370敗の成績を残している。

特にスティーブ・ナッシュとアマーレ・スタウダマイアーを筆頭にした2009-10年のサンズは、歴代屈指のオフェンスチームとして知られており、そのシーズンのオフェンシブレーティング(100ポゼッションあたりの得点)でリーグダントツ1位の115.3(過去40年で4位!!)を記録。シーズン54勝を挙げ、ウェスタンカンファレンス決勝まで進んだ。

▼2009-10フェニックス・サンズ

▼過去40年のオフェンシブレーティングTop6
ソース

チーム シーズン オフェンス
レイカーズ 1986-87 115.6
ブルズ 1991-92 115.5
セルティックス 1987-88 115.4
サンズ 2009-10 115.3
ブルズ 1995-96 115.2
マジック 1994-95 115.1

過去40年間でオフェンシブレーティングが115を超えた上記6チームのうち、3チームがその年に優勝(87年レイカーズ、92年ブルズ、96年ブルズ)。95年マジックがファイナル進出。88年セルティックスと10年サンズはカンファレンス決勝で敗れた。

ジェントリーは2013年にサンズのHCを退任した後、オフェンス力が高いクリッパーズとウォリアーズで1年ずつアシスタントヘッドコーチを務めている。ウォリアーズのディフェンスシステムを間近で観察できたことは、今後の大きなプラスになるはず。これらの経験を活かして、ジェントリーがペリカンズとアンソニー・デイビスをどんな風に成長させていくのか、とても楽しみだ。

Image by /:\ Road Warrior /:\/Flickr

ソース:「ESPN

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • CAVS! GOGO!

    ペリカンズのオフェンスのペースがそんなに遅いとは
    思いもしなかったわ^_^
    でも、もしあのサンズのようなチームになるなら
    めっちゃワクワクするし、
    走れるビッグマンであるデイビスも活かされると思うな^_^
    来季のペリカンズは要注目!!

Back to Top ↑