News マイケル・ビーズリー 中国

Published on 10月 10th, 2014 | by Tunaパスタ

2

マイケル・ビーズリー 中国へ!!

マイケル・ビーズリーが新天地を求めて中国に渡る。

昨季終了と同時にFAとなり、9月末からメンフィス・グリズリーズのトレーニングキャンプに参加していたビーズリーだが、Yahoo!Sportsの報道によると、中国プロバスケットボールリーグ(CBA)でキャリア再起を図る決断をした様子。契約先のチームは、元ヒューストン・ロケッツのセンター、ヤオ・ミンがオーナーを務める上海シャークスだ。

契約内容はまだ明かされていないが、NBAのリーグミニマムよりも高額になるとの見通し。上海シャークスは先月、元クリーブランド・キャバリアーズのデロンテ・ウェストとも1年契約を交わしている。

カンザス州立大学から2008年ドラフト全体2位指名でNBAデビューしたビーズリーは、6シーズンを通して平均13.2得点、4.9リバウンドを記録。オフェンスには定評のある選手だが、ディフェンスの弱さやプライベートでの素行の悪さが原因で大きく評価を下げ、最近はNBAで契約先を探すのにも一苦労という状況だった。

▼ビーズリー、2013-14シーズンハイライト

今年のオフにはグリズリーズのキャンプの他にも、ロサンゼルス・レイカーズやサンアントニオ・スパーズのワークアウトにも参加したが、不発に終わっている。

シャークスとの契約期間は1年。中国で優秀な成績を残すことができれば、またビーズリーを欲しがるNBAチームが出てくるかもしれない。

Image by Georgetown Voice/Flickr

ソース:「Yahoo!Sports

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 龍 辰巳

    うーん、正直中国リーグに対しては都落ちのイメージしかないので残念です。ちょうどNBAを見始めた年のドラフト2位なので見かけると「おっ」となる選手だったのに……ローズの方はなんとか完全復活してほしいものです。

    • tunadrama

      確かに中国行はすこし意外でした。同じ年のドラフトでビーズリーよりも下位指名だったウェストブルックやケビン・ラブとは、デビューしてから正反対の道を歩みましたね。やはり才能よりもメンタリティが大切なのかもしれません。

Back to Top ↑