News マッカラム 契約

Published on 7月 27th, 2016 | by Tunaパスタ

4

C.J.マッカラム、PORとマックスサラリーで延長契約に合意

ポートランド・トレイルブレイザーズは、若きバックコートコンビにチームの将来を託す。

The Verticleの報道によると、ガードのC.J.マッカラムは現地25日、ブレイザーズと4年/1億600万ドルの延長契約で合意(オプションなし)。エースのデイミアン・リラードに続いて、マックスサラリーでの延長契約を獲得することとなった(リラードの場合は「デジグネイテッド・プレーヤー」と「ローズ・ルール」に該当するため5年/約1億3900万ドル)。

マッカラムの新契約が始まるのは2017-18シーズンから。ルーキー契約最終年となる来季の年棒は320万ドルで、その翌年には約2390万ドルと一気にサラリーが跳ね上がる。

▼本人も大満足

2013年ドラフトで全体10位指名を受けたマッカラムは、足の骨折によりルーキーシーズンで出遅れ、2年目のレギュラーシーズンも平均出場時間15.7分とあまり活躍のチャンスがなかったが、2015年プレーオフで平均17得点を記録してついに開花。続いてフルタイムのスタメンとなった2015-16シーズンには、80試合で平均20.8得点、4.3アシストとさらなる躍進を遂げ、ラマーカス・オルドリッジやニコラス・バトゥームら主力が一斉に移籍したブレイザーズのプレーオフ進出に大貢献し、シーズンMIPに輝いた。

▼CJ、2015-16シーズンTop10プレー

なお今オフシーズンのブレイザーズは、アレン・クラブ(4年/7500万ドル)、エバン・ターナー(4年/7000万ドル)とも長期契約を結び、ガードポジションを固めている。

参考記事:「Yahoo Sports

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ケンタブー

    レインブラザーズ再結成ですね。
    ブレイザーズは若いチームでありながら勝負強いところがあるので見てて楽しいですね。
    30オーバーのベテランが1人もいないチームとはなかなか珍しい気もしますが、来季も躍進して欲しいです。

    • ブレイザーズはコアメンバーが全員23~27歳と楽しみなチームですね。キャリア10年超えの選手はいませんが、リラードがすでに大ベテランの貫禄なので問題ないかもです。
      次に60得点を超えてくる選手はリラードだと思っています。

      • ケンタブー

        NBAキャリアはベテランとは言わないまでも、大学での経験が貫禄の原因でしょうかね?
        プレースタイルは違いますが、かつてのキッドのようなキャプテンシーを持ってるように思います。
        60の壁をぶち破る日が楽しみです。

  • ステファンカリーはバスケ史上最大のシューター

    ブレイザーズは、何か応援したくなります
    。解体から一年ちょいで、見事にチーム
    スタイルを確立した手腕は見事としかいう
    他ないですqq
    ターナーはcj、リラードの
    負担軽減とオールラウンドなプレー、エジ
    ルは生粋のセンターとして縁の下て活躍
    してくれると思います。というか、コアメ
    ンバーが20代というのはミネソタもそうで
    すが長い目で見ても、楽しみです!
    来期はもっと上にいってほしいです。
    ボンレーのかわりとなるストレッチ4がいれ
    ばもっとおそろしいチームになりそうqq
    レナードの躍進に期待ですqq

Back to Top ↑